オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

ペリエを超える炭酸水を探して飲み比べ

»

我が家は炭酸水のペリエを愛飲しています。1週間に数本のペースで空になります。瓶に入ったペリエは買って帰るときに重く、値段は国産の炭酸水より少し割高です。ペリエに代わる炭酸水はないかと思って、飲み比べしてみました。

比較が公平になるように、ペリエと他のブランドを24時間以上冷蔵庫で冷やして同じ温度にした上で、家族に協力してもらって銘柄を見せずに飲み比べしました。

南アルプス天然水 Sparkling

国産勢期待の新製品です。グラスに注いだ瞬間に大粒の泡がボコボコと出てきます。ペリエと見た目があきらかに違います。「きめの細かい泡」が宣伝文句なのですが、いきなり不安な展開です。

家族にあっさり「こっちはペリエではない」と見破られてしまいました。ペリエより少し炭酸がキツ目です。

PICT0254

SAN BENEDETTO Sparkling(サンベネデット)

イタリアからの輸入品です。1500mlのペットボトルに入っていて、値段は国産品とそれほど変わりません。

グラスに注いだ印象は、泡が少なめです。家族に「ペリエより炭酸感がない」と言われてしまいました。

PICT0247

その他、国産のソーダ水用の炭酸水をいくつか試してみましたが、ペリエを超えるキメの細かい炭酸水を見つけることはできませんでした。

水と炭酸だけでできている炭酸水の道は、意外と奥が深いですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する