オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

NetCommonsユーザカンファレンス2012の季節です

»


WebCMSにもグループウェアにも使えるオープンソースソフトウェア「NetCommons(ネットコモンズ)」界隈の最大のイベント「NetCommonsユーザカンファレンス2012」の季節がやってきました。

NetCommonsユーザカンファレンスはNetCommonsの最新動向やユーザ事例が発表されるカンファレンスです。学校の先生が参加できるように夏休み期間の8月に毎年開催されます。今年は8月7日です。

昨年は東日本大震災後の混乱の中で地域や学校の情報共有にNetCommonsがいかに有効であったか、という事例が多くありました。

今年のプログラムはこちらです。弊社は株式会社サンビジネスさんと共同で「NetCommonsのユーザIDとパスワードでどこでもログイン~OpenIDの秘密~」と題して講演します。

実はNetCommonsのオンラインマニュアルはMediaWikiベースで、MediaWikiのユーザ管理にOpenIDを使っています。NetCommons公式サイトに登録済みのユーザは、MediaWikiで別にユーザ登録することなしに、そのままオンラインマニュアルの内容を編集できるようになっています。

弊社とサンビジネスさんは以前に経済産業省関連のサイトでOpenIDを導入した経験があります。今回のNetCommonsとMediaWikiの連携もスムーズに実現することができました。

講演の中ではあまり専門的な話はしないようにしますが、私は会場に終日いますので、何かありましたらお気軽にお声かけください。
展示会場の一般社団法人みらいウェブ推進協会のブースでお待ちしています

もう1つニュースがあります。


ちょうど3年前に出版してコンスタントに売れ続けているNetCommons関連書籍の第1弾「私にもできちゃった! NetCommonsで本格ウェブサイト」がカンファレンス開催に合わせて改版されて第2版になります。

出版されて3年経つとNetCommonsのバージョンアップや周囲の変化により内容が古くなった部分がありました。今回は最新版NetCommons 2.4対応に合わせた内容となっています。特に、以前の携帯対応がスマートフォン対応になったことでほとんど書き直した章があります。

第2版は10ページ増えたために価格が税込み2,520円になりました。これをカンファレンス会場では特価2,100円で販売します。できたてをいち早くお得に手に入れるチャンスです。ぜひ、会場でお求めください。



日時:2012年8月7日(火)午前10時~午後6時
主催:国立情報学研究所
会場:一橋講堂ほか(学術総合センタービル内)
    東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術センタービル
定員:450名
参加費:無料

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する