オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

フロッピーディスクの幅とほぼ同寸のモノとは…

»

春ですね。桜の花が満開です。なんとなくすっきりしたい気分になったので、身の回りの大掃除を実施中です。今回はパソコン関連を中心にやっています。使わないまま積んであった古いパソコン2台を処分しました。

栗原さんが「フロッピーディスクが足りない?」で書いているように、フロッピーディスクはずいぶん前から使わなくなっています。この機会に50枚ほどのフロッピーディスクを廃棄して、フロッピーの時代に決別しました。

そして余ったのが、フロッピーディスクを保管していた引き出し式のケースです。それなりにしっかりしたケースで、ゴミにするにはもったいないように思われました。

何かいい再利用法はないかと考えたところ、フロッピーディスクと名刺の幅がほとんど同じであることに気がつきました。

仕事で受け取った名刺を入れてみました。高さは少し余りますがぴったりです。

というわけでケースはもう少し働いてもらうことになりました。

1

2

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する