オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

真夜中に大地震。さらに雪が降ってきたら、さあどうする。

»

今年は閏年で今日は2月29日です。今朝の日経新聞朝刊は「新型iPad、KDDIも販売 3月にも」の見出しで、auもiPad3(?)を販売するという記事がありました。au関連でスクープを連発している日経新聞のことですから、今回も自信があるのでしょう。

「じしん」と言えば、本日未明にauのガラケーとスマホの2台の緊急地震速報が鳴り響いて目が覚めました。

今回は千葉で震度1で済みました。これを誤報と言うのは簡単ですが、東日本大震災から1年、首都圏大震災のリスクが高いと言われる状況ですから、訓練と思ってみてはいかがでしょうか。

もしこれが本当の大地震であったらどうなったか、想像すると怖くなります。

大地震が来たら家の中はこんな被害になるだろうとか、夜中に停電して服を着替えて家から避難することができるだろうか、どこへ避難すればいいのか、食料、灯り、その他はどこにしまってあって何を持ち出せばいいのか、等。

さらに今日は明け方から雪になっています。大震災に雪が加わったらどうすればいいのか、どのくらい寒いのか。東日本大震災の時、東北は雪が降りました。津波で濡れて凍えた方が多かったときいています。

頭の中でいろいろシミュレーションしてみると、改善すべき点が見つかるのではないかと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する