オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

【OSC 2011 Tokyo/Fall】リアルなクラウディアさん登場

»

オープンソースカンファレンス 2011 Tokyo/Fall(以下、OSC)に行ってきました。

OSCはオープンソース関連の展示とセミナーの一大イベントです。マニアの学園祭&同窓会と言った感じです。ソフトウェアが中心ですが、ハードウェアのオープンソースの出展もあります。また、マイクロソフト他の大手企業の展示ブースが増えています。

NetCommonsの普及団体「コモンズネット」が出展しました。弊社はコモンズネットの会員です。

1_2

マイクロソフト協賛の「インストール マニアックス」は、チームを組んでWindows Azureにオープンソースソフトウェアをインストールする速さと正確さを競うイベントです。マイクロソフト特製の”クラウディアさん”ノベルティーをいただきました。

3 

クラウディアさんは、Windows Azureの技術解説漫画「クラウド ガール -窓と雲と碧い空-」に登場する、マイクロソフト公式キャラクターです。サプライズでクラウディアさんの公式コスプレイヤーが登場して、記念撮影で人だかりができていました。ギークばかりで地味なOSCが、そこだけコミケ会場になっていましたよ。

本日11月20日が”クラウディアさん”のお誕生日なのだそうです。お誕生日を記念して、クラウディア・窓辺のFBページで誕生日画像と音声ファイルをダウンロードできます。11月24日までの期間限定ですので、お早めにどうぞ。

Joruri(じょーるり)CMSは、地方自治体や公共団体向けのCMSとして、弊社がイチ推しのオープンソースソフトウエアです。

2_2

オープンソースのCMSは多数ありますが、Joruriは自治体に特化していて、JIS-8341準拠のアクセシビリティー対応や公開前の承認機能など、自治体向けの要件が取り込まれているのが特徴です。

11月30日(水)の夜に東京都三鷹でJoruri勉強会があります。興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する