オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

【iPhone】ウェンディのライバル登場か

»

株式会社インデックスと言えば、株式会社タカラと組んで発売した犬語翻訳機「バウリンガル」が知られています。これのiPhone版が発売されるようです。

iPhoneを使って犬の鳴き声を認識し、犬のきもちを翻訳して文字で表示することができます。さらにツイッターに投稿する機能があるようです。

日本オラクルの社員犬 ウェンディは、自らキーボードをタイプしてツイッターでつぶやく犬というポジションで、Twitter界のスター犬の名を欲しいままにしてきました。iPhone版バウリンガル(?)で、犬のつぶやきが爆発的に増えるかもしれません。これを使ってあの白いお父さん犬がツイッターに参入してくることも考えられます。

ウェンディも油断できませんね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する