オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

那覇なう。ネコも歩けば…

»

先週のエントリ「【那覇】もったいないから言ってみる」で、那覇でお会いできる方を募集してみました。仲介していただけた方がいて、株式会社イーサーの吉岡取締役にお会いすることができました。

株式会社イーサーは沖縄で設立された会社です。DOS/Vパソコンの販売からスタートして、その後、企業の沖縄進出支援やIT人材教育へ業務を拡大しました。オフィスは那覇空港と市内繁華街の中間の壺川にあります。

今回のミーティングでは、弊社で扱っているインメモリデータベース「AktblitzII アクトブリッツ2」に興味を持っていただけました。私は吉岡様から、沖縄で起業するコツや、顧客密着型の営業方針のヒントをおききすることができました。今日明日で取引になることはありませんが、何かあればいつでも連絡が取れる状態になりました。お互いに有意義な時間でした。

思い切って動いていろいろな人と会うことで、新しい可能性が生まれます。私はそのような出会いを大切にしたいと考えています。私ととりあえず会ってみたいという方がいましたら、いつでもご連絡ください。

ホテルにチェックインした後、首里城を見学に行きました。首里城は、ゆいレール(モノレール)終点の首里駅から、歩いて15分くらいの丘の上にあります。平日でしかも日が暮れてからとなると、さすがに人気が少なく怖いくらいでした。夜景はきれいに見えましたよ。

関連リンク:

Comment(3)

コメント

ブログが取り持つ縁、新しい出会いがあってよかったですね。”もったいないから言ってみる、”私も機会があったら試してみたいです。

来週、そんなご縁の一つになれるといいな、と思っている浮島です。
首里城に行かれたんですねー。お隣の玉稜には足はのばされなかったでしょうか。(夜みたいだしなぁ)
蝙蝠の「玉ちゃん」に会えるんです。まだ余裕がありましたらぜひ!

テクネコ

佐川さん、
予想外のことをしてみると、予想外の成果につながることがあって楽しいです。
 
浮島さん、
那覇の郊外の夜は、本当に暗く感じます。これが普通なのですけどね。街中の明るさに慣れてしまったようです。

コメントを投稿する