オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

1万円と3千円

»

保険会社アリコジャパンは、顧客情報が流出した件で、実際に情報が流出した顧客に1人1万円分の商品券、可能性はあったが結果的に流出がなかった顧客に3千円分の商品券を送りました。総額は5億円だそうです。(関連情報)

1人1万円が今の相場のようです。クレジットカードの番号を変えなければいけなくなったり、しつこい勧誘の電話かかってきたりすることを考えると、1万円もらっても割に合わない感じがします。ただ、会社側としてはあまり金額が大きくなると経営に影響するわけで、このあたり難しいところなのでしょうね。

昨日から幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2009」が開催中です。

展示会会場の周辺に出没するのが、「新人研修で名刺交換させてください。」と近寄ってくる謎の若者です。今回もすでにCEATEC会場付近で目撃報告が上がっています。なぜか都内の大きな交差点にも現れるようです。

ここで年長者の余裕を見せて、「いやー、新人研修とはたいへんだねー。どれどれオジサンが協力してあげよう。」などと考えるのもいいですが、その前に、ここで渡した名刺がどうなるのか、ちょっと気にした方がいいのではないでしょうか。

本人から直接受け取ったばかりの名刺は、最新の個人情報が記載された価値の高い情報です。勤務先や肩書きで、年収を想像できます。ご丁寧に携帯電話の番号まで入っているかもしれません。

うっかり渡してしまうと、近日中に先物取引や投資マンションの勧誘電話が勤務先に殺到する可能性が考えられます。

日常業務を離れて展示会に行くとつい気が緩みがちですが、個人情報の管理に十分ご注意されることをお勧めします。

Comment(4)

コメント

昔、勤めていた証券会社の新人研修で、決められたエリアの会社を一軒一軒訪問して、名刺集めをさせられました。こちらが差し出した名刺の会社名を見ながら、「名刺はただじゃないんだからね。」とかちくりと言われたことを思い出します。
この新人さんたちが勤めている会社はどこか、興味がわきました。CEATECに来ているのですから、たぶん証券会社ではないでしょうね。

その昔に私が勤めていた会社(バレバレか)では、新人の名刺獲得キャンペーンなるものが恒例となっていました。名刺の価値を判った上で、それをもらってくることがいかに大変なことかを体験する新人研修だったと思います。
でも当時は個人情報保護の観点から名刺を渡すのをためらう、ってことはなかったと思います。時代は変わりましたね。

加藤さま

アリコネタの続編を書こうと思いつつ、ストックしたままのところで、先をこされてしまいました(笑

3,000円の商品券、届いたので。


さておき、、「新人研修で名刺交換させてください。」は、ホントにあちこち出没しますよね。

東京駅界隈でも、この時期でも出没します。

春先は、協力してあげますが(相手先の企業を「どこの会社?」と確認して)、連絡というかDMされたことも無いので良いのですが、この時期になると、、、まぁ、いいかと思って「ごめんなさい」という感じで。

ほとんど公開情報なのですが、確かに気になります。(春は、季節の風物詩、今は不況の?)

テクネコ

皆様、コメントありがとうございました。
飛び込み営業は別として、路上でいきなりは気になります。
会社のイメージの観点からこういう研修はそろそろ考えた方がいいのではと思います。

ちなみに私の名刺は1枚50円かかってます。名刺交換する度に銭形平次の気分です。w

コメントを投稿する