オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

社長さん、シンクライアントはいいですよ~ (後編)

»

弊社は、店舗のような定型業務だけでなく内勤の一般業務の用途にもシンクライアントは最適と考えます。

おことわり
以下のシンクライアントの定義は、シトリックス社のPresentation Server製品を前提としています。Presentation Serverは現時点で名称がXenAppに変更されています。

シンクライアントが出てきた背景はセキュリティー問題にあるの?

A.001
シンクライアントが使われる理由は、セキュリティー問題だけではありません。前編で説明しましたが、最初の頃は、クライアント・サーバー型のアプリケーションを低速な回線で使うために利用されました。HTMLアプリケーションのもっさり感を解決して、クライアント・サーバー時代のリッチなユーザインタフェースを実現するという点では、リッチクライアントソフトウェアと同じ方向と言うこともできるでしょう。

シンクライアントはユーザが獲得してきた自由の世界に反するの?

A.002
汎用機やオフコンの端末では、当然ながら、そこでやっていいこと出来ることは、あらかじめ決められた事だけでした。パソコンの登場によって、個人がコンピュータパワーを所有して、自由に使うことができるようになったメリットは大きいです。しかし、パソコンが社内ネットワークに接続されることが前提となり、Winnyのようなリスクが現実にある以上、少なくとも社内LANにつながれた業務用パソコンでは、なんでもユーザの自由という時代ではなくなったと考えます。

シンクライアントにすると操作性が悪くなるの?

A.003
シンクライアント化=ブラウザとHTMLでシステムを構築すること、ではありません。Ajaxを使えば画面遷移を伴わない動的なブラウザベースのアプリケーションが実現可能です。ただし、弊社では互換性を長期的に維持できるかという点で、Ajaxを企業の業務アプリケーションで使うことはお奨めしない立場です。
F社の事例のように、クライアント・サーバー型のアプリケーションをそのままシンクライアント化することも可能です。これならネットワークが遅い可能性以外は操作性は全く変わりません。
また、シンクライアントでもWindowsデスクトップが使えますから、接続した状態でできることはパソコンと変わりません。シンクライアントは自分の好きなソフトをインストールできないから嫌だという不満のアンサーは、A.002に書きました。

揚げ足取りのようになってしまうことは本意ではありませんので、このあたりで。もし続くようでしたら、ITmediaさんでこの件に興味があるオルタナブロガーで集めて座談会、という企画もおもしろいかもしれませんね。とおるさんがMacBookを会社でつかっているのか、興味あります。

弊社では、シンクライアントは中小企業にこそお奨めしたいと考えています。セキュリティー面だけでなく、以下のメリットがあるからです。

パソコンの設定作業が不要になる

パソコンは箱から出してすぐ使えません。Windowsのアクティベーションから始まって、業務で使う標準アプリケーションを一通りインストールして、ネットワーク・プリンタ・メールの設定などをするのに数時間かかります。シンクライアントなら、ネットワークを設定して、サーバーでユーザIDを作成するだけですぐに使えます。アプリケーションソフトウェアのライセンス管理も簡単です。

従業員の急な増員に対応できる

事業が急激に伸びている会社では、従業員が増えることが急に決まることがよくあります。それからパソコンを注文していたのでは、納期が初出社日に間に合わないこともあるでしょう。シンクライアント専用端末なら予備に1台買っておいても気楽な価格です。パソコンはすぐ古くなるので、買ったまま使わずに置いておくのはもったいないです。

ここまではIT担当者側のメリットですが、以下は利用者(エンドユーザ)のメリットです。

ファイルの集中バックアップができる

会社のサーバーに共有フォルダがあっても、パソコンにファイルをため込んで、しかもバックアップをしていないというのが現実です。ハードディスクがクラッシュして、初めてバックアップがないことに気がついて青くなることが多いです。シンクライアントではデータはすべてサーバーにあります。IT担当者がサーバーのバックアップをまとめてするだけで心配がなくなります。

全員が最新の環境を使える

パソコンを買った時期が異なると、Windowsやオフィス製品のバージョンが社内でバラバラになります。前に入社した人ほど古いパソコンを使っていて、仕事の効率が悪いという会社もあるでしょう。シンクライアントならハードウェアの古い新しいによる機能や効率の差はありません。オフィス製品などのソフトウェアも全員同じバージョンを使えます。バージョンアップも短時間で一斉にできます。

どこからでも自分のデスクトップを使える

シンクライアントではどの端末からログインしても自分のデスクトップを使えます。座席を決めないオフィスでは便利です。会議室に端末を置けば、自分のパソコンを持って行く必要もなくなります。技術的にはネットカフェや自宅からでも同じデスクトップを使うことが可能です。外出時に重いノートパソコンを持ち歩かなくても済むようになるかもしれません。

壊れても気にならない

パソコンが壊れてしまうと、ハードディスクのデータの救助、代わりのパソコンへの一時避難、さらに修理が終わって戻ってくるまでの待ち時間など、仕事に影響する無駄な時間が発生します。シンクライアント端末は壊れても何も問題はありません。別の席に移動して、そのまま仕事を続けられます。

シンクライアントはエコである

シンクライアントはグリーンITに2つのメリットがあります。

1つめのメリットは、古いパソコンでも壊れるまで使えるということです。Windows XPもさすがにそろそろ終わりが見えてきた今日この頃、Windows 2000以前のパソコンはハードウェアの能力が実用には厳しいです。だからと言って捨てるのは地球に優しくないとお考えでしたら、シンクライアント端末にしてはいかがでしょうか。例えば、このような製品を使うと、手持ちのPCのハーディスクと置き換えまたはUSBに外付けでパソコンをシンクライアント端末にできます。古いパソコンを最後まで有効利用できます。

2つめのメリットは、シンクライアント専用端末なら冷却ファンの騒音や廃熱が最小限になるということです。人数が多いオフィスでは空調の効率も変わるでしょう。排気ファンの風が向かいの席の人の顔に当たるのを気にしなくてすむ(あるメーカーのPCには後方排気を下向きにするためのダクトが付属します)というメリットもあります。

以上の理由により、IT担当者が手薄な中小企業こそシンクライアントがお奨めです。

残念ながら、これまではご提案しても社長さんの目がサーバーやシンクライアントソフトウェアのライセンスの値段に行ってしまい、なかなか難しいところです。運用の人件費とかトータルコストなどを考えると十分元は取れると思うのですが。

ただし、シンクライアントがすべての業務で万能とは言いません。特にネットワークがないところで使えないというデメリットは確実にあります。大量のプリントアウトや動画の再生など不得意な用途もあります。

要は、シンクライアントだからダメとか、パソコンだからダメと決めつけるのではなく、Windowsモバイル携帯など新しいデバイスも含めて、適材適所で使い分ければいいのではないでしょうか。

そこの社長さん、シンクライアント、いかがっすかぁ。導入コンサルティング承りますよ~。

このエントリはジャストシステムのxfy Blog Editorで書いています。

Comment(11)

コメント

シンクライアントのことを なんとなくイメージで捉えていたときは、「自席以外では仕事できなくなるんじゃないだろうか」とか「システム部が楽をして、ユーザーは不便を強いられるのでは」などと敬遠していたのですが、このエントリーを読んで、ユーザーにとっても会社にとってもメリットのある手段なのだな、と理解しました。
もちろん、導入する会社や業種、シンクライアント化する範囲などによっては、効果が半減することもあり、それを片貝さんは「安易に」導入するなかれと書かれたのだと思います。
賛成にせよ反対にせよ これだけ意見が集まるということは、シンクライアントに大勢が興味をもっていることの表れなのかもしれませんね。

ふーむー、内容濃かったなぁ。
そして、やっぱりタイトルも良かったなぁ。

私がサブ的にMacBookを使っているのは、
 
1.外部での講演や説明会でネットワークがつながらない場合に。もしくは外のネットワークのバンド幅が狭い場合。
2.弊社のノートブック型シンクライアントは実はOEMなので、どっちを購入しても、価格的に大きく差がでない。
3.NetBeans など、開発環境用に。シンクライアントはIT専門家の作業用クライアントとしては使いづらい点が難点です。サーバ側に導入してくれれば問題ないんだけど、いろいろいじくりたいので。
4.一度Macを使ってみたかったので(ふっふっふ)。申請したら通っちゃった。
 
個人用にはいまだWindows XPのPCを使っていて、Solaris (シンクライアント)、Mac、Windowsと Firefox & Thunderbird で共通化しています。会社のシステムは全て!Web化されていますので、Office 以外全部Mozilla上で業務を遂行しています。業務のうち、80%はSun Ray、20%がMacです。ブログは当然シンクライアントで書いてます。OfficeツールもOpenOfficeなので、どこでも同じ。
 
いまのSun Ray Serverのバージョンだとグラフィックス(3Dとムービー)がMacに比べると弱いので、YouTubeはMacで見てます。普段会社にいるときは、それぐらいしか使ってないかな。仕事をしていると、画面が狭くなるので、2つぐらい画面があって、別々のコンテンツを表示したいという要求もあります。
 
OSとか、PCとか、関係なく依存性なく、仕事ができる環境であります。個人用PCは4月1日以降、業務では使用してませんが・・・。

ついでにばんちょ~のコメントにコメントすると。
 
ノートブック型のシンクライアントなら、Wifi 可能ですので、マクドに行ってもスタバでも Wifi のあるところならどこでも使用可能です。通信はすべて暗号化されているので、横入りされても、機密が守られます。まあWifi自身のセキュリティ問題があるので、信用のおけないWifiは使わないほうがいいと思うけど・・・。
 
設定・セキュリティ・バージョンアップなど、全部 IT 部門がやってくれるので、ユーザは何もしなくてもいいので、ほんと楽チンです。クライアントの保守作業はほぼゼロです。
 
あとは。静かだよ~。

加藤さん
>もし続くようでしたら、ITmediaさんでこの件に興味があるオルタナブロガーで集めて座談会、という企画もおもしろいかもしれませんね

↑これもし開催するとしたら是非見学したいです!

自分は意見するような立場ではありませんが、CMパンチでSunRayの販社さんのほうから宣伝サイトの企画について相談された事があるんですね。

このときに自社導入するつもりで話をお聞きしたのですが、対応アプリケーションの種類だったり、SolarisとWindowsTerminalサーバを運用の点でもう少し詳しく知りたいと思ってモヤモヤしたものが残っている状態なので、この道のプロの方々のお話聞けというのは凄く有難いことです。

事務処理的なことの置き換えは割りとスムーズにイメージできるのですが、開発とか制作実務を行う目的のマシンとの共存関係とか、社内運用の方法とかでどんな手法があるのかという点についても凄く興味あります。

ばんちょ~さん、
経営者も、IT担当者も、エンドユーザも、人の言っていることを鵜呑みにするのではなく、何が必要なのか、自分で考えることが大事かと思います。
これからも、餡がみっちり詰まったあんど~なつを目指して頑張ります。


とおるさん、
社外でのプレゼンはやはりノートパソコンが必要ですね。OpenOfficeならSun Ray環境でもMacでもOKというのは新しい発見でした。なるほどです。

佐々木さん、
どうせならITmediaエグゼクティブ関係もご一緒にとか。(話をどんどん大きくしてみるテスト)

興味深く読ませていただきました。

仮想化技術を利用して、デスクトップ仮想化のシンクライアントASPサービスを提供しております。もし興味があれば新しいシンクライアントASPのトライアルサービスをご利用して感想を頂ければと思います。

テクネコ

別途、メールにてお返事しました。

加藤さん 高橋さん

小生の所属するコンサル会社は社員が約20名ですが、
20名全員にノート型クライアントと配り、
サーバーはどこかでASP的に借りるとしますと、
イニシャルコスト&ランニングコストはそれぞれ
ざっとおいくらくらいかかるものでしょうか?
(急いで導入の予定があるわけではないですが。。。)

必要な機能は、Webメール、カレンダー、
ワープロ、表計算、パワポ、だけです。

テクネコ

JRXさん、
高橋さんを最近見かけませんが、お元気でしょうか。
大川さんの会社ではVMwareの仮想デスクトップを使ったASPサービスを提供しているようです。
 
大川さん、
費用概算は一般の方も興味があると思いますので、よろしければこちらに書き込んでください。
個別の話になったら直接やり取りしていただきます。

JRXさん

はじめまして、大川です。

弊社のシンクライアントASPは、既存のパソコン(MacOSX、WindowsXP,Vista、Linux等)とシンクライアント端末の両方から利用できます。既存のノートパソコンを利用して、センター側のみASP利用する場合は、だいたい下記になります。


仮想デスクトップ仕様 OS: WindowsXP Pro SP3 OEM版
メモリ: 512MB保証
HDD(実際はストレージ) : 8GB
アンチウイルス: カスペルスキー製品を標準提供
環境: ファイアウオール内でローカルIPアドレス。

利用方法 ブラウザからSSL経由または、WindowsXP専用クライアントソフトウエア


1ユーザ(=WindowsXP環境)当たりの税抜参考価格
初期費用 39,000円
月額料金 9,000円


MS Officeライセンスオプション
月額版Office2003,2007 STD版 1,600円/ユーザ


正式サポートではありませんが、下記を試験提供中
+ オフラインモード(ネットワークが無い環境で利用したい場合に有効、利用条件あり)

JRX

大川さん

ありがとうございます。
今はまだすぐに導入を検討する段階でもないのですが、
今後も色々とご教示いただければ幸いです。

廣江

コメントを投稿する