オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

自家用車をやめてみました

»

家の車が車検になるのを機会に、車を持たない生活を試してみることにしました。

普通自動車の運転免許を取って以来20数年、新車を乗り継いで3台目の車でした。私は気に入った車は割と長く乗る方です。これまで買った自動車3台、自動二輪3台、すべてホンダというくらいホンダファンでもあります。

初めて買った車は、インテグラの最初のモデルでした。この時はインテグラしかないというくらい思い入れがあって買いました。社会人になったばかりの独身の頃で、友人達を乗せてずいぶんいろいろな所へドライブに行きました。

次がアコードでした。リトラクタブルライトはインテグラで飽きたので、ヨーロッパタイプのCAモデルにしました。結婚してからは、北は青森、西は鈴鹿まで行ったことがあります。

アコードがさすがに古くなって限界になった時に、ロゴに乗り換えました。この頃になると、独身時代のように皆で集まって遠出することもなくなり、車に対する興味も以前ほどなくなっていました。

まだ車をやめるところまでは割り切れず、そうかと言って特に欲しい車もありませんでした。とりあえず使える程度ということで、費用のかからないロゴに決めたのでした。かなり消極的な車選びでした。

我が家は夫婦2人の世帯で、駅の近くに住んでいます。私は仕事の日は電車でお客様先を回ります。食料品などの買い物は駅前で買って帰ります。家内は車を運転しません。私自身は、自動車より自動二輪の方が好きで、休みに一人で出かける時は自動二輪の方が多いです。

結局、9年間で約1万キロしか乗りませんでした。ディーラーに車検に持って行くたびに「全然、乗ってませんね」と言われました。

この3月に次の車検を迎えるに当たり、年間の駐車場・税金・任意保険・消耗品、2年ごとの車検の費用を考えてみました。そして、レンタカーとタクシーをフルに使っても、維持費相当のお金で夫婦で温泉に何度も行ける、という結論になりました。

車をきれいに洗って大手中古車販売チェーンに持ち込むと、30分くらいで価格が提示されました。事前にインターネットで下調べをして大した値段は付かないとわかっていたので、その場で契約書にハンコを押して車を置いてきました。

いろいろ考えて手放したとは言え、9年も乗っていると多少の愛着はありました。

最後にお店を出る時の気分は、すっきり一区切りしたような、別れるのが寂しいような、ちょっと複雑な気分でした。

この気持ち、以前にも感じたことがあると思っていたら、思い出しました。

転職する時です。前の会社の最後の出社日に、いろいろな手続きと挨拶を終えて、お世話になった会社を後にする時の気分といっしょでした。(笑)

Comment(8)

コメント

阿部 徹

初めまして

ECOですね!

最低限、人間は生きて行ければ良いのです。
それ以上を望む人は、リスクとリターンを理解した上で
チャレンジを行えば良いのです。

『足るを知る』

以上

郊外型の商業施設などへの出かける機会はまず無くなってしまいますが、車無し生活悪くないとわたしは思います。

うちは家族4人ですけど、行動半径広いタイプではないので不便感じることはゼロとはいいませんが、生活上の支障はほとんど感じません。

渋滞、行楽地での混雑、駐車スペース探しでイライラすることもないですしね。

BJホンダ

はじめまして。これからの日本は脱車社会を目指さないといけないと思っています。自分も最近車には出来るだけ乗らないようにしています。田舎に住んでいるんで車が必需品と思っていましたが意外に車無しでもナントカなりそうなきもしています。
 ただ日本の道路って歩行者や自転車にとって不利なんですね。国土交通省も役人も自民党もガソリン税を堅持なんて後ろ向きなことを言わないで、新しい世代にむけた道路設計を考えてもらわないと日本に未来はないです。

K.Ishikawa

若者の車離れといわれている時代、駅近くに住んでおられて車を手放されたのは遅きに失した感があります。9年間に1万キロ、笑える走行距離です。ロゴは賢い選択ですが、それでもこの走行距離なら手放して当然。筆者は年間一万キロと言ったら米国カルフォルニアの友人に笑われました。9年間に1万キロはまだその一桁下くらいですから大笑いされるでしょう。

ゲルソン博士

使用済み家庭用油だけで車を走らせることができます。
車を処分しなくても、燃料を替えるだけで十分エコになります。
しかし、政治家も官僚も金儲けのために、この燃料を認めていません。
車を動かすのに原油もガソリンも軽油もいりません。
今の日本は全て自分だけの金儲けです。 他人のことなどどうでもいい。
とりあえず、自民党と官僚を潰さないことには、この日本は良くなることはありません。

クルマを手放すことができる人は幸いです。
 公共交通機関やバイクと言う別の手段を選べる人も幸いです。
 手放したくても生活上それが難しい人も多いのですから。

 日本はあまりにクルマ中心で社会を構築しすぎて高齢化や燃料費高騰などの社会的な変化に対応できなくなってしまっている硬直状態にあると思います。

 最近になって自転車の歩道走行や自動二輪車の駐車場不足(URL参照)などが問題になってきたのは、クルマ以外の手段を選ぶ人が増えてきたことの表れでもあるのでしょう。

 そう言った変化に気付いた人もまた幸いです。
 脱クルマと言うとクルマを全く使わないように考える人もいるけど、クルマならレンタルで乗ることもできる。
 ただリソースの自己所有をやめてみるだけなのだと考えればレンタルビデオ同様、何も難しいことではないのですから。

 あとは手段を選べて変化に柔軟に対応できる社会を私達自身がどうやって作っていくかを考えるべき時期に来たんだと思います。

 そう考えると、これまでのやり方を今後も継続しようとする政府のやり方は時代に合ってないのかもしれませんね。

Toms

私は駅まで徒歩40分程度の中途半端な場所に住んでいますがバスが結構来ていますので、
自動車を持っておりませんが特に不自由なく過ごしております。

>K.Ishikawaさん
>筆者は年間一万キロと言ったら米国カルフォルニアの友人に笑われました。
私は車に乗りませんので何キロなら笑われず、なぜ笑われたのかは分かりませんが、
(あまり使わないものを持つ事が笑える事なのでしょうか…?)
そもそも国土環境が全く違いますから比較なんてできないと思いますけどね。

テクネコ

皆様、コメントありがとうございました。予想以上にコメントが多かったため、お返事の代わりに続編をアップしました。

コメントを投稿する