オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「スカイツリーの脚だけね♪」と言われたらどーする?

»

ある時、システムトラブルが発生し、オフィス中が対応に大わらわな状態になっていました。右往左往な騒動の中、配属されたばかりの新人がひとりぽつねんと、自席で所在なさげにしています。

隣の部署の先輩がその様子を見かねて、声を掛けます。

「君、何しているんだ。トラブル発生中なんだろ?先輩たちを応援して来いよ!」
「あ、わかりましたっ」と席を立つ新人。

しかし、数分後、その新人は自席に平然と座っています。

再び、隣の部署の先輩が尋ねます。

「もう終わったのか?いいのか?席に座ってて」
「はい、応援してきました」
「ん?」
「先輩たちのところに言って、”がんばれー”と言ってきましたっ^^」

・・・・嘘のようなホントの話です。

これ、2008年にある人事の方からお聞きしたお話です。

「新入社員に日本語が通じないことがあるんですけど、どうしたもんでしょうかねぇ」という嘆きとともに。

「応援してこい」
「頑張れーと言ってきました」

むむぅぅぅぅぅぅ。  綱引きや玉入れ、駅伝、マラソンの”応援”じゃないんだから。


これと似たような話にあちこちで耳にします。

以下は、つい最近、同僚から聞いた例。

同僚の母上がお友達8人と東京スカイツリーを見物に出かけました。

スカイツリーを背景に集合写真を撮りましょう、ということになり、近くにいた若い男性にカメラを渡して「撮ってほしい」と依頼したそうです。

「すみませーん。写真撮ってもらえますかー?スカイツリーの脚だけでいいですからー」

あの634mもあるスカイツリーの全容と8人の女性を1枚の写真に入れるのは非常に難しいだろうと配慮し、「スカイツリーの下の方だけ写ればいいですからー」と優しく伝えたわけですね。

依頼された若い男性は、屈んだり、しゃがんだり、頭下げたり、あれこれ非常に苦労している様子。その間、8人の女性たちは、髪を整えたり、ポーズ撮ったり、8人もいるから、近づいたほうがいいかしら、とあれこれ動いて、満面の笑みで撮影に備えます。

「撮りますよー」を合図にポーズとって笑顔で待ちます。男性はシャッターをカシャ。

「ありがとうございました!」

渡されたカメラのモニターを見てみれば、そこに写っていたのは、

「スカイツリーの脚」だけ。

なんと、

「スカイツリーの脚」だけ

人間が全く写っていない。

たしかに、「スカイツリーの脚だけでいいですよ」とは言ったけれど、その文脈は、「スカイツリーを背景にして、私たちを撮ってください。でも、大きいから、スカイツリーは脚の部分だけでいいですよ」だったわけですね。

女性たちもみんなポーズを取っているのに、それを全部避けて、

「スカイツリーの脚」だけ。

オンリースカイツリーの脚。

オンリースカイツリーズフット(英語でそう言うのか?w)


この若い男性のあたまに去来していたものは、いったいなんだったのか。

興味深いところです。

Comment(3)

コメント

山畑健康

私の知る限りでは『応援』を『手伝う』の意味で使うことは、あまり無いですね。
そして、もしかしたら写真を頼まれる機会は少なくなっているのではないでしょうか。


ともあれ「でもでもだってそのくらい分かると思うじゃないですかー」はなかなか通用しなくなっているようですね。

ひづくり よういち

敢えて若者の弁護をすれば「すみませーん。写真撮ってもらえますかー?スカイツリーの脚だけでいいですからー」には正しく応えているわけで(笑)。

ケース1)今時の気弱な若者の場合
「え?若い子ならともかく、おばさん?…断りたいけど『押し』が強そうだし、…しょうがない、言われたまま脚だけ撮るか…」

ケース2)「超」素直な好青年の場合
「スカイツリーの『脚だけ』?…訳わからないことを言う人たちだなぁ…ま、『脚だけ』って言うんだからなんとか脚だけ撮るか…」

ケース3)哀しい過去を持つ青年の場合
「えぇっ!?…また、集合写真かと思ったら、スカイツリーの『脚だけ』ってオチなんだろ?…全員でポーズとか取ってるけど、あれ、ネタなんだよな…さっさとスカイツリーの脚だけ撮って退散しよう…」

…こんな感じじゃないでしょうかね?(笑)

どうしてスカイツリーの脚だけ撮ったのかは、本人に聴かないとわかりませんよ、きっと。

TanakaJunko

山畑健康さん: 応援する、というのは、「サポートする」という意味で私の周囲ではよく聴きますが、語彙になければ通じませんよね。若手の場合、語彙が不足してミスコミュニケーションが発生しているケースもあるような気がします。だんだんと「ハイコンテキストコミュニケーション」は成り立ちづらくなってきているのですよね。

ひづくりさん:ですねー。真相は本人のみが知るw。

コメントを投稿する