オルタナティブ・ブログ > Software Development >

ソフトウェア製品開発現場の視点

テストアウトソーシング

»

ソフトウェア開発現場におけるアウトソーシングは拡大の一途にある。シリコンバレーでは開発部隊はインドにあるとか、イスラエルにあるとかいうのは普通になってきているし、日本でも中国へのアウトソーシングのセミナーなども行われており、製品開発の戦略上、オプションの一つとして考えなければならなくなっている。

アウトソーシングにもいろいろな形態があるが、リアルコムでは 2003 年から中国の北京にある Ensemble International という会社に製品テストのアウトソーシングをしている。アウトソーシングを始めた当初は、エンジニアから「中国語を勉強しなければならないのですか?」とまじめに聞かれたが、Ensemble のエンジニアにも日本語を読むことができる人がいるので、製品仕様などは日本語で書かれたもののままで通用している。さすがに、日本語で会話をできる人は非常にすくないので、コミュニケーションは英語になっている。会話となると難しい部分があるが、このような場合インスタントメッセージング(チャット)ソフトでのコミュニケーションが非常に有効である。インスタントメッセージングのソフトを使うと相手がオンラインかどうかがわかるし、会話よりも書く(チャット)ほうが格段に抵抗が低いようである。日本語と中国語の間なら漢字での筆談(キーボード談?)も試してみる価値があるかもしれない。

Ensemble International は毎年200人くらいの人員を採用し拡大していたが、最近 HiSoft という持ち株会社の傘下に入り、HiSoft Services (Beijing) となった。グループで数千人の規模になったと聞いている。幸い、事業に大きな変わりはなく、ビジネスも継続しているが、中国の動きはダイナミックで目が離せない。

Comment(2)

コメント

ねこまっしぐら

私もアウトソーソシング(技術者派遣)を生業にしているので、この業界の成長は素晴らしいと思います。
ただ気になるのは、このまま行き過ぎてしまう事。
中国へのアウトソーシングなどは特に怖いなと個人的に思うのですが、セキュリティは本当に大丈夫なのかというのが心配になります。
日本では会社との協定があるし、そこに対する厳しさも最近は大分マシになってきたので、私達もセキュリティには気を使っているし、その分開発等企業秘密に属する部分にも携われるようになってきています。
しかしこれが発展途上国的な国に向けられた場合、本当にその部分が大丈夫なのかというのは、正直日本や欧米に比べると明らかに不安の残る、不適当な言い方ですが、賭けに近いものになるのではとおもうのです。
その賭けがリスクが高いにも関わらず一般的になってしまい、情報漏えいが実際に起きてしまったとき、私達はその後、今までどおりに生業を続けられるのかと心配になります。

Katsushi Takeuchi

確かにセキュリティは重要ですね。とはいえ、各社ともにアウトソーシングで競争力を向上させているので、リスクを理解したうえでプロセスに組み入れていくことが必要だと思います。

コメントを投稿する