オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

ソーシャルメディア時代のカッティングエッジを目指して - 近況報告

»

最近更新をさぼっていたので、僕自身の活動報告をする。

僕の本業は(いうまでもないが)株式会社モディファイという会社のCEO兼クリエイティブディレクターだ。
CEOというのは経営の責任者ということであり、クリエイティブディレクターというのは会社が出すプロダクトやサービスにおけるトンマナ(トーン&マナー=コミュニケーションメッセージやデザインなど表現の一貫性)の責任者ということだ。

それと、ソーシャルメディア時代の新しいマーケティングの在り方としてのファストマーケティングを提唱していて、これは敢えてオガワカズヒロ(@ogawakazuhiro)というユニットを、親友でもあり敬愛する経営者でもあるグランドデザイン&カンパニーの小川和也社長とともに組んで活動している。

モディファイはどんな会社か、というと、ソーシャルテクノロジーをベースに最先端のWebアプリケーションを開発するベンチャーだ。ソーシャルテクノロジーとは、RSSフィードやHTML+CSS、Ajax、Webクローラーなどの標準技術と、BlogやTwitter、FacebookなどのソーシャルメディアのAPI(公開されていないものについては自社で仮想APIを開発)のことであり、それらを用いてソーシャルメディアを活用するためのさまざまなツールを誰よりも速く作る。

いまのプロダクトを簡単に言うと:

・MODIPHI II
Web上の任意の(ありとあらゆる形式の)データファイルを収集して、加工して再配信するインテリジェントWebクローラー&パイプライン。例えばHTMLからRSS/Atom、あるいはXMLを生成したり、複数のRSSをまとめて一つのHTMLファイルを作る。

・SM3
MODIPHI IIをベースに、TwitterやBlog、mixiやFacebookなどのソーシャルメディアにコンテンツを配信する、投稿承認機能付きのマネージメントシステム。ソーシャルメディアマーケティング時代のOSといっていいサービスだ、と僕達は確信している。

・RTポータル
複数のTwitterをまとめてポータル化するシステム。ケータイやiPhoneでも画像のサムネイルや絵文字を反映し、RTや@Replyなどの機能も装備。例えばAKB48全員がTwitterをやったとしたら、AKB48ポータルを簡単に組み上げることができる。Blogのエントリー等も統合することができる。

・SMART4B
企業専用の、社内マイクロブログサービス。すべて独自仕様ながら、TwitterのAPIに準じている。ファイル共有や検索、RSSフィードの読み込み等、機能は多彩。

ソーシャルテクノロジーは水物で、しょっちゅう仕様は変わるし、取り巻く環境も激変する。だからこそ、作ったアプリケーションは常にブラッシュアップしなければならないし、常に最新の状態にキャッチアップしていく必要がある。だから僕たちは常にすべてのサービスを作り続けている。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する