オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

Webのストリーム化の兆候を見逃すな!ー追記2

»

新CEOを迎えることになった米Yahoo! が、FriendFeedのように、外部のソーシャルウェブの更新情報を掲載できるようにした。マッシュアップ可能なサービスは以下の通り。

Picasa Web Albums
SmugMug
Webshots
Zooomr
Furl
Ma.gnolia
StumbleUpon
Blogger
Bloglines
TravelPod
Tumblr
Vox
Xanga
Last.fm
Pandora
Vimeo
YouTube
Twitter
Yelp
Goodreads
SlideShare
(Techcrunchより引用)

気になる点は二つ。
自社サービスであるDeliciousやFlickrが入ってないこと。
それと、既に内部コンテンツを吐き出せるオープンなソーシャルウェブがアメリカにはこれだけあるということだ。日本ではmixiを始めとして、(日記などの)内部コンテンツを外部に公開できるサービスはほとんどない。日米のネットサービスへの姿勢がそれだけ違っているということだ。
(ちなみにSMARTも近いうちにコンテンツフィードを配信することになるだろう)

繰り返しになるが、ポストWeb2.0では mixiの日記を読むのはmixiの中でなくていいし、Yahoo!の機能を使うためにわざわざYahoo!のトップページにいく必要はない。サイトという概念は崩れていき、フィードあるいはストリーム(この二つは技術的には同義と思ってもいい、だがフィードはより水平的で、ストリームはより時流的であると思う)が主流になっていく。

Comment(1)

コメント

nora

>ポストWeb2.0では mixiの日記を読むのはmixiの中でなくていいし、Yahoo!の機能を使うためにわざわざYahoo!のトップページにいく必要はない

現状のmixiの収益モデルはどちらかというとうぇb1.0の頃の広告モデルに依存しているように思います。
広告モデルに依存している間は、mixiにきてもらう必要があり、mixiの選択肢としては、mixi上で他のサービスを読み込むプラットフォームの地位を得ることになる気がします。
サイトという概念がくずれていくと、mixiは衰退するか消滅するしかないと思うのですが、フラットになる過程で書くサービス提供会社はいかにして利益をえていけばいいのでしょうか?その辺りについて何か意見をお持ちでしたら、ぜひご教授をお願いいたします。
//単純に気になった物で。。

コメントを投稿する