オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

本を書く理由。

»
前にも少し触れたが、またWeb2.0に関する本を書いています。というか、ゲラの最終チェックに入っている。
今までと同じことをしても仕方がないので、2冊共に、ちょっとした工夫をしている。発売日を確定できたら、ご紹介したいが、本エントリーを書いている理由は自書の紹介というよりは、なぜ僕がBlogを書きつつアナログである書籍をもリリースするか、を説明したいためだ。

  書籍というメディアのいいところは、目に見えて、内容量を推し量ることがカンタンにできる、物理的な厚さと大きさを持っているところである。確かにたいていの情報はWebから手に入れることができる。しかし、Blogでも、その他のWebサイトから知識を体系だって得ようとしたときには、どのくらいの量の情報を読めば、自分にとって必要な情報量 を取得できるのか、どのくらいの知識を習得できるのかを、とっさに理解することかできないところが大きな欠点である。それに比べて、書籍であれば、とりあえず1冊読めば、その分の情報を手に入れることができることが、感覚的に分かりやすいのである。

新聞はもしかすると、近未来にはWebの普及によって姿を消すかもしれない。ニュース記事のようにフローな情報、かつ一つ一つが短いモノは、ネットを使う方が効率がいい。しかし、体系だった一つのテーマを届けることができる(たとえばファッション誌のような)雑誌、書籍はWebとは異なる価値を保ったまま、生き残り続ける、と僕は思う。
  generated by feedpath
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する