オルタナティブ・ブログ > ソーシャルおじさん徳本昌大のソーシャルコミュニケーション最前線 >

USTREAMを中心にした企業のソーシャルメディアの最新事例をご紹介

Windows Phone7の発表会に行ってきました。

»

KDDI Microsoft FujitsuのWindows Phone
発表会に行ってきました。
KDDIは選べるスマホ
いいモノをいち早くというコンセプトで
Windows Phoneをいち早く発売するそうです。
        (KDDI 田中孝司社長談)
確かにKDDIの最近のスマホでの怒濤の攻勢は
HTC EVOやIIdaなど
すごいものが有ります。
そして、今回のWindows Phoneの発売と気合いが感じられます。
Windoes Mobileの評判があまりよくなかったため
今回ブランドもWindows Phoneと変えて
勝負に出てきました。
日本マイクロソフト株式会社の樋口泰行社長によれば
Windows Phone7の7,5(Mango)が世界で一番早く
日本のKDDIから発売されるそうです。
マイクロソフトが全力でパートーナーをサポートして
付加価値をつけるということを樋口社長はプレゼンで力説していました。
スマホで日本では完全に出遅れたMSの逆襲ができるかが見物です。
海外ではWindows Phoneのシェアが今後の成長が予測されていますが
日本でどうなるかも楽しみの一つです。

以下Windows Phoneの簡単な世界観と
ソーシャルおじさんの感想を紹介。

1 心地よさ(メトロUI)
ライブ・タイルがコンセプト
自分でカスタマイズが簡単にでき
自分らしいスマホが作れるというのは面白いかもしてません。
今までのスマホのUIとは別もののなので
慣れるまでに時間がかかそうですが
お洒落でスマートなUIに一旦慣れると
確かに手放せなくなるかもしれません。

20110727_101835_4

このメトロUIというのは
東京のメトロのデザイン、カラーリングからのインスパイアーだそうです。

20110727_102105

PEOPLEハブで人を軸に
電話、ソーシャルメディアでコミュニケーションできるのが新しいと思います。
パノラマUIで画面が広く見えるとのことですが
この辺りもトライしたいと思います。

2 ソーシャル連携
他のスマホとは完全に別ものの
ソーシャルメディアとの連携を意識した
スマホがようやく出てきたなというのが印象です。
iPhoneのFBアプリのレベルが低いので
ストレスを感じているユーザーも多いと思います。
スマホでは電話とメールとFBという人には選択肢の一つになるかもしれません。

3 軽快さ 
IE9による超高速ブラウジングが実現しています。
説明動画を見ていると確かに早そうです。
今後、この辺りの使用感を試してみたいと思います。

最後に日本マイクロソフトの樋口社長の発言を紹介します。
「まだまだスマートフォンは黎明期 一度使ってもらえれば満足度は高い。
海外でも拡販できているので挽回可能だ」
という趣旨の発言が印象的でした。
ユーザーの選択肢が確かに増えることはうれしいです。
アプリ開発などユーザーを
いろいろな面で満足させることができるかが
ポイントだと思います。
まずは全く別もののスマホである
Windows Phoneを体験しないと始まらないとは思いますが。

Windows7の動画はこちらから

ソーシャルおじさんの個人ブログも宜しくお願いいたします!
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する