オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

MACの社内シェア向上?

»

先週は、US出張だったのですが、そこでいままでと明らかに違う変化に気付きました。 

営業およびセールスエンジニア向けのトレーニングだったので、海外を含め、営業系社員がかなり集まったのですが、1年前と比較し、海外の同僚たちの所有PCに結構目立つ数MACが増えていることです。

17インチのMacBook Proあるいは、15.4インチのMacBook Proを所有している人々が結構な数いました。 

仕事上、Windowsの自社ソフトを動かす必要があるので、ほとんどの人は、Parallelsをインストールしているようでしたが、それでもほとんど仕事上の不都合もないようでした。

さすがに外人には、仕事用には小さすぎるのか、MacBook Air所有者は、いませんでした。

数年前は、仕事用のPCは、Dellが圧倒的だったのですが、2年くらい前から、17インチの巨大なノートPCを持っているエンジニアがちらほらいましたが(アメリカらしいと思ったものです)、その数を完全凌駕するMacの増殖ぶりです。

次は、MACにしようかなと真剣に思い始めています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する