オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

Google 対 Oracle、2006年に予想した戦端

»

AndroidとJavaを巡るGoogle対Oracleの訴訟がいよいよ佳境のようで、どうもGoogleが無傷では済まなさそうという予想が広がっているようです。Javaを造った人とかの証言で心証が大きく左右されますから。

2006年頃、そういう戦端とは違う戦いを私は2006年に予想し、ブログを書いていました。
http://web.archive.org/web/20071006034746/http://rblog-ent.japan.cnet.com/tamon/2006/09/googleoraclebig_6721.html
Snap1690

今、Key Value ストアとして広く知られ、もう1つの、DBのかたち、分散Key-Valueストアとは とか解説記事もあるのですが、当時は階層型DBとどう違うんだろう? メインフレームと比べたら安いのは分かるけど という状態だったのですが、いずれにしろデータベース領域での衝突はいつか起きるという確信を持ちました。

Google App Engineの活用は着実に広がっているとはいえ、まだまだデータベースパッケージソフトの売り上げを脅かすとかいうところまでは至っていないと思うのですが、いずれにしろ、水平分業という枠組みを作り替え、ゲームをチェンジさえて競争に勝とうという動きは激しさを増してくことでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する