オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

【噂】米Amazon、定額のビデオストリーミングサービスを実験中か

»

Toru_saito_Fuyu Fuku
Name_4
Blank


あくまで未確認情報だが、米国ブログメディアのEngadgetが、Amazonのビデオストリーミングサービスの画面をキャッチしたとの独占スクープ記事を発表した。(元記事)

Amznvideo2wmtop

【出所: engadget

ニュースソースは読者からの投稿のようだ。上記画面はその証拠としているもの。日本ユーザーには馴染みが薄いが、これはAmazon.comが2008年に開始したビデオストリーミングサービス「Amazon Video On Demand」の画面だ。ただし、通常画面と異なるのは、右側の緑ボタン(Watch now $0.00)と下部にあるプライム(Prime)情報の部分だ。参考まで、普通にアクセスした画面と比較するとわかりやすい。(画面URL)

Amazon

Engadgetによると、Amazonがプライムサービス(年間79ドルでお急ぎ便を無制限に利用可能)の付加サービスとして、このビデオストリーミングサービスを追加費用無料で提供する意向とのこと。画面から読み解けるスペックは次の通り。

  • 料金はプライムサービス、年間79ドルのみ
  • 5000本のムービーやTV番組を、PCで無制限にストリーミング視聴可能
  • 映像画質は480pのみ(SD画像、有効走査線480本)

そして、これは業界最大手である米Netflix社がサービスしている定額見放題のビデオストリーミングサービス(年間95ドル、20000本のムービーやTV番組)に対抗するものだが、次の点でAmazonのビジネスモデルは有望と見られている。

  • Amazonはビデオストリーミングサービスの基盤を既に持つため、追加投資が少ない
  • DVD販売への流入ルートとなる(Netfliexに流れていた顧客を確保できる)
  • 既存プライムサービスのアドオンということで、お買い得感が強く、定額の敷居が低い

この実験が事実だとすると、Google、Appleが次に狙う巨大市場である「リビングルーム」のコンテンツビジネス争奪戦に、Amazonが本格参入する意向表明となる。この巨大市場をめぐっては、この巨人三社以外にも、Microsoft、Sony、Netflix、Hulu、BestBuy、Blockbusterなども参戦しており、次なる大激戦区となることが予想されている。

 

Check

 

記事裏話やイベント紹介、講演資料DLなど、In the looop ファンページこちら

 
【Amazon関連】

アマゾン、440億円の大型買収。ベゾスも恐れるダイパーズ、驚異的成長の秘密 (2010/11)
Amazon、独自のLikeボタンをテスト中か (2010/11) 
Amazonの賢いビジネスモデル ~ ローテクで稼ぎ,ハイテクに挑む (2010/5) 
アマゾンが800億かけても買収したかった「ザッポスの奇跡」 (2009/12)



斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
Tumblrページ
Action in the looop はこちら http://inthelooop.tumblr.com/
 
最新の筆者著書です。詳しくは 執筆書籍の詳細 まで 
新ソーシャル完全読本 (新書)  ... 当ブログがさらに進化。入門から活用の秘訣まで幅広く徹底解説
ソーシャルメディア・ダイナミクス ... 企業担当者向け、企画から運用までをカバーした本格実用書
図解ビジネス情報源 ソーシャルメディア ... ソーシャルメディアのしくみがわかる図解入門書

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する