オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

【速報】中国発。噂のAppleタブレット情報がリーク!初年度販売目標1000万台か?

»

今月発売されるのではと噂のAppleタブレット情報が中国からリークされ,米国ブログメディアを騒がせている。

ニュースソースは以下の通り。
 ・ Kaifu Lee said Apple Tablet looked like a bigger iPhone (Cloned in China, 2009/12/28)
 ・ Could Apple sell 10 million tablets in a year? (VentureBeat, 2009/12/31)
 ・ Apple Expects to Sell 10 Million Tablets in First Year (Mashable, 2010/1/1)

Ipad1
【Appleタブレット・イメージ図その1 ... 本物ではありません】

Ipad2

【Appleタブレット・イメージ図その2 ... 本物ではありません】

 

これらの記事によると,情報源はGoogle China元社長である Kai-Fu Lee氏が自身のマイクロブログ(本人認証済み)で公開したものだ。中国語のため上記英文ソースを元にその内容をまとめてみよう。

まず情報元のKai-Fu Lee氏についてだが,彼は元Google China社長で,さらにApple社にも勤務したことがある。また現在彼が創業したInnovation Works社の株主であるTerry Guo氏は,Appleタブレットを製造していると噂されているFoxconn社の社長である。今回の情報ソースについては友人の一人としか言及していないが,彼の人間関係から信憑性の高い情報なのではないかと推測されているようだ。

マイクロブログでリークされたスペック情報は次の通りだ。

Apple tablet just looked like a bigger iPhone
 (Appleタブレットは大きなiPhoneのようだ)

with a 10.1-inch multi-touch screen
 (10.1インチのマルチタッチ・スクリーン)

awesome user interface
 (素晴らしいユーザーインターフェース)

it combines the functions of a netbook and a kindle
 (ネットブックとAmazon Kindleを組み合わせたような機能)

coming with 3D technology,virtual keyboard,video conferencing, e-reader, netbook features
 (3Dグラフィクス,仮想キーボード,ビデオ・カンファレンス,電子書籍リーダー,ネットブック機能を併せ持つ)

また,タブレットの価格は1000ドル未満と設定され,初年度になんと1000万台もの強気の販売計画がたてられているとのこと。

参考まで,iPhoneのワールドワイドでの売上推移は次の通りだ。
・ 2007年Q3 - 2008年Q2 6.1百万台  ... iPhone
・ 2008年Q3 - 2009年Q2 20.5百万台  ... iPhone 3G
・ 2009年Q3 7.4百万台  ... iPhone 3GS

このリーク情報が真実であれば,iPhoneの初年度販売台数である6.1百万台を遥かに上回る販売計画を立てていることになる。好調が伝えられるAmazon Kindleでも現時点での累計出荷台数は1百万台だ。

なお2009年12月15日に発表されたモルガンスタンレー社の調査報告では,タブレット機全体(Kindleはもちろん,Nook等のAndroid機も含む)の売上高を,2010年が8百万台,2011年が24百万台と予測している。
(下図のうち「タブレット」,単位は百万台)

Mob42_2

さらに詳しくは下記記事をご参照ください。
スマートフォン,タブレット,ネットブック等 多様化するモバイル端末の普及予測 2006-2013年

確かに強気の販売計画だが,常に画期的な新製品で新しい需要を切り開いてきたジョブス氏のマジックにかかれば何のことはなく達成してしまうような気もする。

この1月26日にアップル新製品発表会が開催され,そこで発表されるとの噂(Engadget記事参照)もあり,いよいよAppleタブレットから目が離せなくなってきた。

 
ちなみに,前述のMashable記事内ではこの金額なら購入するかどうかを読者に質問しており,執筆時点で30件ほどのコメント中で約半数のユーザーが購入意向を表明している。

さて,日本においてはどうだろうか?
そもそも日本では電子書籍というキラーコンテンツが不足しており,立ち上がりは期待できないかも知れない。

でも,こんな動画を見てしまうときっと心を動かされると思う。



【米出版大手Time社によるスポーツ誌のタブレット向けデモ(2010年中頃に開始予定)】

 
さていかがですか?
あなたはAppleタブレット,購入しますか?

 
【関連記事】
スマートフォン,タブレット,ネットブック等 多様化するモバイル端末の普及予測 2006-2013年

 
【in the looop 2009年 アクセス・トップ7記事のご紹介】
1位 【速報】Google Phoneは近日発表か。現時点でのスペックまとめ (12/13) 
2位 mixi,モバゲー,iPhone 徹底比較 「どのアプリが一番儲かるか?」 (12/01) 
3位 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃 (12/30) 
4位 【速報】昨日からネットで大騒ぎ "PhotoSketch"が凄い件 (10/07) 
5位 【2009年11月最新版】直近決算発表に基づくmixi,モバゲー,GREEの業績比較 (11/12) 
6位 【速報】Twitterデイリー訪問者数で,ついに日本が米国に並んだ! (12/20) 
7位 Googleは20%ルールによってイノベーションのジレンマを回避している (12/21) 


斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する