オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

5分でわかるモバイル・インターネットの今と未来 ~  端末編

»

モルガンスタンレーから12月15日に発表された 「Mobile Internet Report」からの抜粋第二報を。

ちなみに第一報を含む記事はこちら
アプリが早くも2万本を超えたAndroid。iPhoneとの多面的な比較分析 (2009/12/16)

 
■ コンピューティング技術の進化
 
まず,10年毎のコンピューティング技術サイクルと主要プレイヤーを見てみよう。

Mob01_2

2000年からのモバイル・インターネットのトレンドにiモードが掲載されているのは,日本が世界に先駆けて携帯コンテンツビジネスや3G普及を実現しており,先行市場としてモルガン・スタンレーが注目しているからだ。

さて次の図は,この5つの技術の中核をなすデバイスのユーザー数はどのくらいかをチャート化したものだ。

Mob02

メインフレームから,ミニコンピュータ,スタンドアローンPC,デスクトップ・インターネット,さらにモバイル・インターネットと,デバイス数/ユーザー数の普及規模は1桁ずつアップしているとモルガンスタンレーは見ている。

また特に後半3世代にフォーカスし,各世代の前半と後半でユーザーインターフェースがどのような進化をとげたのかをまとめたのが次のチャートだ。

Mob05_2


■ モバイル・インターネットの将来像

現在のモバイル・インターネットの特徴は,単なる携帯にとどまらない端末の多様性にある。
次のチャートは,そのうち,キーとなるプロダクト(Game Changing Products)をピックアップしたものだ。

Mob06

携帯ゲーム機であるNintendoDS (普及台数113百万台),Wiiリモコンにより新しいゲーム体験を生み出したNintendoWii (56百万台),スマートフォンで圧倒的シェアを持つiPhone/iPodTouch (57百万台),各社のネットブック (39百万台),電子書籍リーダーの先駆け Amazon Kindle (1百万台),そしてVoIPの先駆け SkypePhone (1百万台)だ。

特に重要なのはプラットフォームがオープン化していることだ。

Mob07

APIやAppStoreがオープン化され,誰でもアプリ開発に参入できるようになったことで,各端末に対応したアプリ数に大きな差がついた。10万本を超えるアプリが現在のiPhone圧勝状況をもたらしたといってよいだろう。

Mob10

そして,OSまでオープン化したAndroidにより,競争はさらなる新次元に入っていく。

携帯電話だけでなく,タブレット,電子書籍リーダーなど多様なモバイル・インターネットのプラットフォームOSとして,AndroidはiPhoneとは次元の異なる普及を遂げる可能性が高い。

Mob08


 

■ モバイル・インターネットの市場規模

先で見たとおり,デスクトップ・インターネットと比較してモバイル・インターネット端末の普及台数は10倍以上になると予想されている。

実際に,デスクトップとモバイルとのトラフィック量の伸びを比較しても,その成長性でモバイルが大きく上回っている。

Mob11

これにより,モバイル・インターネットの市場規模は,少なくともデスクトップ・インターネットの2倍以上に成長するだろうとモルガン・スタンレーでは予測している。

Mob03

この最後のグラフは,インターネット・ユーザー(16億人)とモバイル加入者(41億人)の比較表だ。
デスクトップ時代とと比較すると,北米市場のポテンシャルが大きく減少し,アジア市場の存在感が高まることが予測される。
また最も成長するであろうエリアは,アフリカをはじめとするROW (=Rest of World) のようだ。

【関連記事】
アプリが早くも2万本を超えたAndroid。iPhoneとの多面的な比較分析 (2009/12/16)
世界中から注目が集まる,日本携帯サイトのビジネスモデル (2009/10/23)
iPhone vs Android vs SymbianOS。モバイル三国志の現状と未来予測 (2009/10/22)

斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する