オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

Springが$10Mを調達

»

JavaのSpringフレームワークプロジェクトを主導しているInterface21社がシリーズAで$10Mを調達したとのこと。同社はコマーシャルオープンソースベンダとやや趣が異なるサービス会社ですが、今回の資金を得て、ますますサポート、トレーニング、コンサルティングの質を高め、売上を伸ばしてゆくことでしょう。

上記リンク中のCEO、Rod Johnsonのインタビューで最も面白いのは、同社にはマーケティング担当がおらず、フルタイムの営業マンが1人いるだけであるとのこと。

SugarCRM社を含め、最近のコマーシャルオープンソースベンダは「インサイドセールス」を重視し、かつ少ない販売管理費で営業利益を最大化するのが特徴です。Web 2.0時代の「セールス 2.0」といったところでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する