オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

オンデマンド利用者にソースコード進呈

»

本日、SugarCRM日本語版のオンデマンドサービスをアナウンスさせて頂きました。

SugarCRMのオンデマンド提供を開始 - 月額6,825円から

ニュースでは安価な価格が採り上げられておりますが、我々がお客様にご提案する「価値」は価格より運用スタイルであると思っております。

SugarCRMオンデマンドサービスを利用されたお客様には2年目以降にソースコードをすべて差し上げます。そのままオンデマンド利用を続けていただいても良いですし、社内サーバに切り替えていただいても結構です。

このように、運用スタイルの変更を選んで頂けるようにしたことが今回の挑戦ですが、これはすべてお客様のニーズにもとづいて立案されたものです。例えば、1年目はある部署がCRMを体験したりプロトタイプを運用しながら足りない機能や連携機能を洗い出し、2年目に本格的に自社運用されることを望まれるお客様が多いのです。

このような「運用スタイルの変更オプション」は今後の我々のサービスに一貫したキーワードになると思います。今回の発表が「SaaS 1.0」とすれば、今後、2.0、3.0といった面白いものをどんどんご提案させていただく予定です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する