オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

OracleがLinuxサポートを開始!

»

以前より憶測はありましたが、25日、Larry Ellisonは開催中のOracle OpenWorldカンファレンスで主にサーバサイドのLinuxのサポートを開始することを発表しました。

今回のサポートプランはRedHatのビジネスモデルを横取りするような内容ですが、Ellison氏はこの戦略についてもかなり前に示唆していました。

Thumborcl_grossmargin Oracleはいまや「サポートサービス会社」の色合いが強く、収益の大半をサポートによって得ています。顧客の方もOracle社のデータベースやアプリケーションを動作させているサーバの面倒をOracleに見てもらった方が効率的な場合もあるでしょう。

Oracle製品を基幹系に用いる顧客にとって、今回のLinuxサポートのアナウンスは歓迎すべきことではないでしょうか。

私はそのうち、Oracleは、同社製品を基幹系に用いる業種や業務向けにLinuxクライアントのサポートも開始するのではないかと読んでおりますが、さてどうでしょうか。

Comment(3)

コメント

しんたぐまん

オラクルが出資しているMiracle Linuxの立場はどうなるのでしょうか・・・。心配です。

クライアントのサポートはどうでしょうか、そもそもクライアントのサポートって必要なんでしょうか。ブラウザとJavaが動けばいいような気がしますが。

MiracleLinuxへ投資しているのは、日本オラクルであって、オラクルではありません。また、日本オラクルは、米国オラクルの子会社でなく、途中に1社100%子会社があり、その子会社の子会社が日本オラクルです。

コメントを投稿する