オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

こんなオススメ商品はイヤだなぁ(笑)

»

オススメ商品を教えてくれるのは結構便利だったりします。「おぉ・・・それそれ!」とか「う~ん、何でわかるの?」などなど、うれしい場合と、我ながら考えてしまう時があったりします(笑) 新たな気づきがあったりと、うなる事も希にあります。でもこれって・・・ 

「それ、シャレになってないよ…」アマゾンのあの表示がエライことになってると大反響らばQより

家に居ながらにして買い物ができるアマゾンや楽天などのネット通販も、すっかりポピュラーなものとなりました。

実際にアマゾンで商品を見たことのある人ならご存知でしょうが、商品説明の下のほうに、

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という表示があり、その商品を買った人がいっしょに何を買っているのか教えてくれます。

海外のアマゾンで、野球の金属バットを買った人のその項目が、エライことになっていると話題になっていました。

この商品を買った人はこんな商品も買っています01

ドイツのアマゾンらしいのですが、このオススメ商品があるって事は、金属バットの購入者が同時に、こんなものを買っているってことなのでしょう。って、そのまんまですが、いったいどうなってるの?と、不思議な感じです。

本の場合、似たようなオススメ本を購入することはよくあります。これは書店で購入した場合には、中々そこまで出来ません。しかし、実際に手にとって見れるし、平積みの本やトレンドを見るには、やはり書店には勝てないですね。

もし、書店でもアマゾンのように、オススメ商品を店員の方が進めてくれるのならば。。。それもいいですね。人件費が大きくなりそうです。画面だけを見ながらのオススメや、一覧などを印刷してくれるのならば、良いサービスになりそうな予感。

しかし、今回のケースが店舗であるならば、ちょっとややこしい感じがします。

金属バットなのでスポーツ用品店とか。。。

・お店で金属バットの品定めをして、

・レジに向かうと

・お店の方が、これを買ったお客さまは、手袋や目出し帽、催涙スプレーなども同時に購入してますよ!

・・・なんて、なるのでしょうか(笑)

普通にバットを買うだけのつもりだったのが、犯罪を助長しているように感じるのは私だけでしょうか?

オススメ商品で、「なんで知っているの?」と、画面に向かって話しかけてしまった。。。ことがありました。誰がビックリしたかって、私自身がビックリ!なのです。情報漏洩かぁ?と、心配する前に、ちょっと恥ずかしい感じがしました。って、いったいどんな商品を買って、どんな商品を勧められたのか!・・・ひみちゅなのです(自爆)

ところで、ドイツの方々はアマゾンで金属バットとオススメ商品を買って、何をするのでしょう?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する