オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

映画『風立ちぬ』

»

http://kazetachinu.jp/

観ました。
けっこう長い映画なのに、感じませんでした。娯楽作としてよくできているということでしょう。「感動」もするし、涙ぐむ場面もあります。そして、そのこと自体に戸惑い、批判的になってしまう人もいるでしょうが、それもおそらくは宮崎監督の狙いだろうか、と思います。ある時期以降、素直に作品を楽しむだけでは終わらず、なぜかその背後などを考えてしまう作品を作るのが、この監督の「作家性」みたいなところがありますから。宮崎アニメの蓄積が、観る層をそうさせてしまうところも、もちろんありますけど。
あ、庵野秀明の声は、意外と、という以上によかったです。まあ、少年時の声からすると、いささか声変わりがひどすぎる気はしますが(笑)。

一言でいえば、宮崎監督が自分の矛盾として意識してきたことを、はっきりと、もっとも矛盾としてわかりやすく見せた映画、ということかもしれません。
娯楽作品で感動しちゃうことって、何なんだろうと、つい考えてしまう映画・・・・とかいうと、えらくつまらない言い方になりますが、それを意図してるような気がします。

ネタバレを気にする人は、以下を読むのは避けたほうがいいでしょう。
僕個人は、昨今神経症的に気にしすぎだと思いますが、まあ人ぞれぞれですから。

この映画、ひとによっては恋愛映画として観るでしょうし、零戦を知る人は零戦前史のイマジネーションの遊びととるかもしれない。また、歴史を思う人は、のちに「戦前」といわれることになる時代の、宮崎的解釈ととるかもしれない。
もちろん、そのそれぞれが映画の観かたとしては、観客にとっての娯楽映画のありようとして、当然ありうることだといっていいでしょう。誰もそれを否定はできない。

全体としていえば、関東大震災から始まる大正末~昭和前期の日本についての、歴史素描と夢想と国家のキャッチアップの大きな流れを、先端科学技術開発を巡る挿話として描いた作品、ということになると思います。ただ「感動」の大きな部分は、じつは恋愛の流れからきていて、その喪失の直後にくる、零戦の前身機の成功と夢想としての零戦のイメージで、感動の頂点を作ってあります。
そこのところで、人によって批判的になるだろうし、怒りを覚える人もいると思う。でも、それも当然といえばいえるので、そもそも宮崎アニメを観てきた者には、彼の描く戦闘機、爆撃機などへの偏愛と執着と、彼の理念や信念としての戦争への問題意識が、ここでもっとも矛盾をあらわにするからだと思えます。あきらかに、作者はそれを意図していると思えるので、僕にはこれが宮崎監督の「美しいアニメによる快楽原則」と「インテリとしての理念」の矛盾の自覚の提出のように見えます。そしてそれは、職人的技術への信頼と尊敬が、同時に歴史の中では大きな矛盾になる、というある種の結論のようにも感じます。

それほど、アニメ映像の快楽装置としてうまく作られているともいえるし、そのこと自体を疑問にも感じているのかもしれない。ただ、こういうことを作家本人がどこまで意識しているかは、またちょっと違う見方をしなければならず、あるいは深読みに過ぎる可能性もなくはない。
とはいえ、作中で何度も「矛盾」という言葉を主人公にあびせ、かつ「エゴイスト」だとすら呼ばせているので、科学技術の進展が一種の非歴史的中立地帯のように見えてしまうことの矛盾については、やっぱり意識して主題化しているのだろうと思うわけです。

それでは、そういう風に観ないでシンプルに楽しんでしまう観客について批判的にならないでいいのか、という人もいそうです。どうなんでしょうね。批判的に観るべきだとするイデオロギーもまた、僕は過剰になると危険な気がしますが。

というわけで、僕としては、娯楽作品として楽しく、感動してもいいだろうと、とりあえず思います。娯楽作品には、多かれ少なかれ、こうした両義性があって、『沈黙の艦隊』や戦時中の国策アニメにも同じことがいえるかもしれません。

戦闘機にまったく興味のない人(たとえば、沈頭鋲とか、引き込み式車輪について、なぜそれが画期的かとかに興味のない人)には、どうでもいいことかもしれませんが、じつは零戦開発以前で話を終わらせていることにも、多分意味がある。これ以降、それまで遅れていた飛行機開発において、突如日本が世界の先端に躍り出て、生々しい飛行機の歴史、戦闘機の登場と活躍と崩壊の歴史になっていくからです。
おもな場面は昭和10(1935)年までで、翌年が2・26、翌々年が盧溝橋(日中戦争)、そして昭和13(1938)年が国家総動員令。日本社会が戦争期に完全に入ってゆく直前までで、映画のおもな話は終わる。ヒロインも死ぬんですね。あっという間に訪れた恋人との別れは、昭和前期のぎりぎり「よき時代」の終わりに重なる、ということなんでしょう。宮崎本人も、そのことは充分に知って見切っている、ということだと思います。

話変わりますが、最近僕は60~70年代のマンガと戦前期、ことに昭和前期のモダニズムやエロ・グロ・ナンセンス時代との関係に興味があるので、その意味でも興味深く観ました。それって「戦後」といわれている時代って何だろう、という問いでもあるので。

Comment(2)

コメント

山口純哉

お久しぶりでございます。
 どの面みせて上がりこみやがった。と言われるのは重々承知の上です。
 今でも夏目さんに迷惑をかけてきたことを思い出して夜中わー。なんて言いたくなります。個人的にはあの日もらっ

た返事を手に、京都で一生を過ごすつもりでした。が。
 最近、夏目さんが亡くなる夢をよく見るのです。縁起でもないのですが、もし、夏目さんが死んだらどうする?絶対

後悔するな。と何日も考え筆をとりました。
 実は同郷の(「社長シリーズ」で知られる)映画監督、松林宗恵さんにも、あ。今書かないとと思い手紙を書くと、

丁寧な返事と著書を頂いたあと、ぽっくり逝かれてしまいました。いや、ホントに縁起でもないのですが。
 「もっと、つづめていうと、他者の中に入っていくこと
   その自信と勇気だけが問題なのではないか」
 2007年いただいた返事の中の一節です。
 この言葉は返事をもらってから京都で生活していく中で私の支えでした。
 そして京都で生活していくうち私なりに他者に交わり人間関係を作り上げていきました。 
 今、バイトをしながら店をやっています。古本屋です。コトバヨネット店といいます。手伝ってくれている人は10

年以上の付き合いで「なんでこんなよくしてくれるんやろ?」と毎日思うほどよくしてくれます。店はもう1年半くら

いになりました。
 京都に戻ってから(2007年)最近まで「夏目断ち」をしていました。とにかく夏目さんの文章は読まない。読む

顔がない。と避けていましたが30過ぎたあたりで少しずつ読むようになりました。
 今日、ブログ拝見しました。6、7年ぶりですか。北九州マンガ学会の写真は爆笑してしまいました。
 「風立ちぬ」の文章を読み、ああ、なるほどと思いました。明日観に行こうかと思います。
 夏目さんの問題意識から引っ張っていうと私は「日本的なもの」は一休宗純あたりの時代に作られたと思います。坂

口尚の大傑作「あっかんべェ一休」を読んでなぜ能楽(能狂言)が日本への郷愁をかきたてるのに、平安時代の「源氏

物語」「平家物語」はあんなに面白いのにエキゾチックなモノにしか映らないのか得心しました。
 ただ、そこから下り江戸文藝を読んでも「日本的なもの」にかち合わないのです。為永春水や柳亭種彦は面白いので

すが、日本的ではない。
 「日本的なもの」は源氏物語から下っていくと川端康成、宇野浩二、堀辰雄あたりで切断点として完成されたと思っ

ています。大正時代に入ってからです。実際、明治文藝は一種キャッチュなモノとしか読めないところがあります。大

正時代の時代認識は一言で言えば「もはや我々はジャパネスクを通過してしか日本に到達できない」というモダニズム

的諦観でしょう。川端康成「雪国」などはモロに「ジャパニズム文学」です。「モダニズムを抜けたらジャパンだった

」のようなものです。そしてその西洋を通過した「ジャパン」にしかリアリティを持てない。ここに無自覚な世代の人

間が「日本とは」と言い出したあたりに昭和言説の不毛さがあるのではないか。これは日本の漫画にもいえると私は思

っています。
 若き日に堀辰雄の世界に耽溺した江頭淳夫という青年がいました。かれはある日堀辰雄的セカイを全否定することで

「大人」になりました。後の江藤淳です。私は江藤が「もはや日本はジャパンであり日本は取り返せない」という認識

において三島由紀夫とあ・うんの呼吸があったと思います。
私は「風立ちぬ」をテーマにした宮崎駿の慧眼には感嘆しました。日本でノスタルジックに「ホーム」といえる、日本

人のインテリが成熟を否定・拒否したあの時代がぎりぎりのラインだからだと思ったからです。
 明日観てみることにします。
 ご迷惑でございましょうがブログを拝見し、気付いたらぽつぽつメールをしていきたいと思っています。迷惑でした

ら送るなとメールをください。一切いたしません。
 昔、島根時代の「え?」をタイトルをつけたのは京都の名物本屋「ガケ書房」に「え?」のタイトルでレジ横に漫画

連載のタイトルに使わしていただいております。
 メール番号が変わっており送れなかったのでこちらにコメントを書かしていただきます。第三者の方でこの書き込みを見て気分を害する方がいるのではと心配です。

山口純哉

板垣退助は明治十六年にビクトル・ユゴーに会い、日本のような政治の後進国に自由民権思想

を教えるにはどうすればいいかたずねるとユーゴーは「政治的な小説を読ませろ」と答え、ど

んなもの?ときかれここ二十年オレの書いたもんならどれでもええわい、と言われた板垣退助

は山ほど小説を買って日本に戻ったというエピソードがあります。これは明治期から始まる大

衆・政治文藝のエポックだと思いますが、「風立ちぬ」を観て、ああ、こんなところに「政治

的な小説」は移動していた、と感慨がありました。個人的には村上春樹が強いて言えば後継者

かなぁ、と思っていましたが。
また、先週、稲垣足穂全集を読んでいたせいか母性的な要素が全然ないな、とも思いました。

黒澤から巨匠の概念はかろうじて宮崎駿に残っていると思っていましたが、巨匠性とは大変に

父系的なものなのだな、と感じました。
 ただ、巧い。こんなにうまくアニメを作れる人間は、もう出てこないかもしれない。

コメントを投稿する