オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

孫さんのプレゼン

»

昨日のソフトバンクとイーアクセスの経営統合の記者会見の話。

たぶん普通の会社の場合、統合によるメリット、今後のシナジーなどを、全体的、包括的な「ふわっ」と話しておしまい。 だっただろう。
しかし、さすが孫さん。 基地局増の話、伴うサービス品質向上の話、サービスの制約の即日撤廃の話、競合(と言ってもダントツ一位のドコモとの比較ではなく)との具体的数値の比較などを、具体的かつシャープに説明した。
ともすれば技術的で一般の人には判りにくい話題も含めて、シンプルに誰にでもわかるように、しかもソフトバンクが優位であることを徹底的に強調してのプレゼン。

iPhone5 発売直後のこのような発表とプレゼンで、やっぱり iPhone5 はソフトバンクにしよう、と思った人も少なくないはず。
絶大な宣伝効果ですね。

詳細で難しく複雑なことをプレゼンすることは、相当に難しい。
昨日もとある案件に関する短いプレゼンについて議論していたのですが、プレゼン準備の段階で議論があちこちに飛んでしまい、混沌とした話になってしまう。

シンプルかつシャープに。 常にそんなプレゼンを目指したい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する