オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

「私の人生を返してください」 一卵性母娘と言われて

»

お子さんのお受験で一生懸命になっているお母さんたちを見ると、熱心で素晴らしいと思う反面、「ほどほどにね・・・」と心の声をかけてしまいます。
 
特に音大お受験のお母さんは、子供がまだ言葉もあまりしゃべれないような時期から教育につきっきり、というケースが多く、親子の絆は生半可なものではありません。
ピアノは、子供の頃にどれだけのレベルまで到達しておくかというのが後々大きな差となります。どうしてもお母さんの力が必要になってしまうのです。
 
私の母親も、私がレッスンに通うようになると、先生から「必ずつきそってください」と言われました。北海道の田舎から出てきた母は、同門のお母さんたちのハイレベルでエレガントな教育熱心さに圧倒され、劣等感を抱いていたと後々言っています。
 
大抵は、ご自分もピアノをやっていた方が多く、子供とは別に自分用の楽譜を持って来て、先生のおっしゃるご指示を細かくチェックし、ジョークや世間話まで書き込み、帰ったら一緒に復習するのは当たり前。レッスンが終わると、「クロマティックでのペダルの踏み方が難しくて・・・」と、すごいご質問をなさる。どちらがレッスンを受けているのか分からなくなるほどです。
 
私の母は、譜面を持っても良く分からないので、ノートに先生の言葉をそのまま記録してくれていました。後で私に見せて「自分で譜面に書きなさい」と言います。しかしそのノートは、所々に先生の怒った顔の似顔絵や、かわいいコックさんなどの落書きがあり、今思えば退屈してたのかもしれません。申し訳なかったかなとも思います。
 
私の知人で「一卵性母娘(いちらんせいおやこ)」とうわさされるほどの親子がいました。
 
何があっても常に一緒。
大人になっても仲良く手をつないでいる姿は有名でした。
子供用のレッスンカバンとご自分用のカバンと両方を持ち、お嬢さんはいつも手ぶらで移動。稽古で手を使いすぎるので、疲れをためないように持っているのです。
 
あるとき、その方のお嬢さんが学校で顔に怪我をしてしまいました。「お風呂で顔を洗ったときに、ハッと気がついたら無意識に娘が怪我したところを避けて洗っていたのよ。」と話しておられたのを聞いて、その愛の深さに恐れさえ抱いたのを覚えています。
 
このケースは一人っ子だったため、お母さんを独り占めできたから良かったとも思えます。
 
あるピアノの知り合いは、妹さんが東大からハーバード大学に留学したときに、親御さんの興味が妹さんのほうに行ってしまいました。
深く傷ついた彼女は追い詰められ、精神のバランスを崩してしまったのです。
 
お母様は、美しく才能あるお姉さんに大変な期待をしておられたのだと思います。しかし、音楽というのは時間を経てよくなってくるもので、若いうちに全てを判断できるものではありません。幼い頃から高額なレッスン費や楽器に投資し、一生懸命音楽の教育を施しても、「親が期待しているように」は、なかなか形として現れないことのほうがほとんどです。子供も知らず知らずのうち親に依存するようになります。一番頼りにし、味方になってもらいたい親に「この子は才能がなかった」と言われることの厳しさ。人生を否定されたように感じてしまうのは仕方のないことかもしれません。今はピアノを弾くことさえない彼女の「私の人生を返して」という心の叫びが聞こえてくるような気がします。
 
私の場合は、男兄弟も他に二人いましたので、物理的に一人にかかりっきりになる時間もなかったと思います。親なりに期待はしていたと思いますし、きついことも言われましたが、おかげでプレッシャーになって辞めるほどではありませんでした。当時、自分たちなりに親子で高い目標に向かって努力したという経験は今でも私の原点になっています。
 
愛情からくる思い入れもあると思いますし、難しいかもしれませんが、『子供に対する過度な親の自己限定』は不幸な結果を招くこともあります。
自己限定せずに心をオープンにしていれば、素晴らしい人生を生きる道に導かれるのだ信じています。あなたの音楽を必要としている人が必ずどこかにいるよ、と伝えたいです。

Comment(2)

コメント

yumiko

またもや感動してしまいました。
私は永井さんのお母様に近いところがあります。(おこがましいで申し訳ありませんが…)
音楽の世界について無知ですが娘(10歳)が
ピアノを頑張るので
今年から少しレベルの高い教室に変わりました。
レッスン内容も楽譜のコピーにメモしていましたが、私はついていけなくなってきて、娘に任せてしまいます。ですが、
周りは母親がピアノの先生が多いようで、いろいろと緊張することが…。
ピアノも、家にあるのはアップライト。全然意識のなかった我が家は、グランドピアノを購入することになり…
マンション住まいの狭い部屋の1室に、大きなグランド。
これが現実なんだろうか?ととまどいもあります。
でも、期待せずに、いたいと思います。
娘にとって素晴らしい音楽を人生で体験してもらうこと。
自分も気を付けて娘に接したいと思います。
ピアノの先生に言われたことをしないと私も、娘と喧嘩になることがありますが…
受験も同じですね。これから2年後に受験を控えています。
とても、とても、参考になる内容でした。
本当にありがとうございました。

yumikoさん
私も初めてグランドを入れたときに狭い社宅の和室でした。親から独立してからは、住宅事情でしばらくアップライトでした。せっかく買ってくれた親には申し訳ないのですが、こんな気楽なものなのか、と思ったことがあります。お嬢さんには、ぜひ、いろいろな可能性を広げて差し上げるような環境を作ってあげてくださいね。きっと素晴らしい人生を生きてくださると思います。

コメントを投稿する