オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

地震で空中を飛ぶピアノ

»

「3月11日以降は、”動いたピアノを戻して”という依頼が多くて、ピアノを動かしてばかりでしたよ」とピアノ調律師の方が困ったような顔で言っていました。
 
今回の地震で、幸いなことに我が家のピアノは全く動かずにいました。
調律師さんの話だと、今回は動いたところが多かったそうで、「最大50センチ動いた」ところもあったそうです。そこはマンションの7階。そのくらいの高さになると、揺れも大きいので動いてしまうのですね。
 
アップライトピアノの場合は、まず後ろの壁に当たり、反動で前に倒れてきます。
グランドピアノは、横に移動してしまうケースが多いようです。さらに揺れが激しいと、200キロはあろうというピアノが飛び跳ねて、その衝撃で足が折れてしまうこともよくあります。
そのため、阪神淡路の震災では、ピアノのショールームがかなりの被害を受けたとのことでした。
 
1993年の北海道南西沖地震の後、知り合いのピアノ技術者が現場を見に行ったところ、壁を突き破って、道にピアノが落ちているところが結構あり、大きなショックを受けたそうです。
 
家の壁を突き破るような勢いでピアノが突進してきたら・・・と思うと恐怖で立ちすくんでしまいます。
 
また、外にいたとしても、地震と同時に空中からグランドピアノが降ってくるという、恐ろしいことも十分あり得るのです。
 
購入と同時に、防震対策も考えなくてはならないのでしょうね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する