オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

デザイン固定型電子書籍はまだまだ過渡期にあると思う

»

 前回リフロー型の電子書籍について書いてから、随分時間が経ってしまった。今回はリフローしないデザイン固定型の電子書籍について整理したい。

 その前に、前回のリフロー型で1つ大事なものを忘れていた。日本語で縦書き表示ならこれでしょうというのが、青空文庫形式だ。iPadならi文庫HDというアプリケーションで閲覧できる。で、このi文庫HDのできがいい。文字の大きさはもちろん、フォントも変更可能。縦書きの右開きでも横書きの左開きでもOKだ。しおり、検索機能ももちろん、外部の検索エンジンとの連携も実現している。フォーマットは、基本的にはテキストにちょっとしたコマンドを加えるようなものなので、誰でも作成できるだろう。青空文庫形式では、絵を入れたりとかはできないが、テキストはじつに読みやすくレイアウトしてくれる。日本語の小説などには、最適なものだろう。辛いのが、DRMがないことだ。これが実現できれば、けっこう参入してくる出版社があるのではと思ってしまう。

紙の誌面をPDFやJpeg化して電子書籍化したもの

 さて、今回の本題であるデザイン固定型の電子書籍の話をしよう。代表的なのは、PDFファイルかもしれない。もう1つはJpegを圧縮してアーカイブしたものなどもある。これらは、iPadならiBooksでも読めるし、前出のi文庫HDでも読める。残念ながらデザインは固定なので、文字だけ大きくしてリフローすることは当然できない。拡大縮小はピンチ操作などで行うことに。そうすると、大きく紙面は画面からはみ出すことに。これは読みにくい。

 なので、デザイン固定型の場合は、ターゲットとなる端末専用にデザインレイアウトする必要がある。その端末で十分に読めるサイズの文字の大きさとなるようにあらかじめ調整しておく必要があるのだ。もとがA4サイズのPDFだったりすると、iPadの縦では読めても横にするとかなり厳しい、iPhoneではまったく読むには耐えないだろう。というわけで、このあと説明するいくつかのフォーマットも基本的にはターゲット専用のアプリケーションになっている。

 いくつかの紙の雑誌が、PDFあるいはJpegなどのイメージ化して、それをアプリケーションに取り込んで読むような形で電子化されている。紙ありきだとどうしてもこの形式にならざる得ないのだろう。しかしながら、はっきり言ってこれは読みにくいと思う。もとの雑誌がB5サイズとかならまだしも、A4ベースだったりすると、かなり文字は小さい。コストと手間を考えると仕方がないのかもしれないが、個人的にはこの形式の電子書籍雑誌にお金を払う気にはなかなかなれない。

TimeやWiredなどの電子書籍専用雑誌

 もう1つのデザイン固定化した電子書籍が、TimeやWiredなどの電子書籍専用オーサリンツールを使って制作されたのものだ。電子書籍専用と言うとじつはちょっと語弊がある。これらの多くは、紙のレイアウトツールとしていまやデファクトとも言えるAdobe InDesignにプラグインなりを追加して、電子書籍を作るというものだ。こちらは、iPadなりをターゲットに専用のレイアウトを行うので、見やすいレイアウトが可能だ。ビデオを埋め込んだり、インタラクティブな操作が実現できたりするものも多い。

 多くのものが、専用のビューワーとデータの組合せだ。で、アプリケーション内で、追加で雑誌が購入できるようになっているものが多い。InDesignで作るのだから、これで電子書籍を作れば紙の雑誌もできる、あるいはInDesignで紙用にレイアウトしたものを簡単に電子用にできるかと言えばそう簡単ではない。現状、基本的にはそれぞれに専用でレイアウトをしなければならない。電子用にさまざまな機能を組み込みたければ、それはそれだけ手間がかかることに。iPadの縦、横変換への対応も、縦用、横用のレイアウトを別途制作するのが現状では普通だ。これだけでも2倍の労力と言えるだろう。

 とはいえ、PDFやJpegを電子書籍化したものよりもはるかに表現力の高い電子書籍ができあがる。今後求められる電子書籍の姿だと言っても過言ではないだろう。オーサリングツールもどんどんよくなっているので、制作の手間は今後どんどん削減されることにはなるとは思う。

HTML5を活用した電子書籍

 InDesignを利用する方法は、制作費以外にもいろいろと課金される場合がある。AdobeはInDesignのプラグイン自体には課金しないのだが、コンテンツにDRMを設定してサーバーサイドで管理する部分に課金する。これ、基本的な料金に加えて、販売部数に応じて費用が発生するのだ。というわけで、それなりに商業ベースに載せられる雑誌とかでないと、なかなか電子化しにくいかもしれない(ちなみに、Adobeのこのサービスは米国ですでに始まっているが、国内での詳細な内容、費用はまだ発表されていない)。

 そんなわけで、もっと手軽に作れる方法はないかと模索してたどり着いたのがHTML5を活用する方式だ。これ、HTML5でコンテンツを制作しておいて、それを取り込んでコンパイルして電子書籍に仕上げるというもの。HTML5で表現できることなら大抵のことが可能となる。注意するのは、HTML5でコンテンツを制作する際のサイズ指定だ。端末の画面にあらかじめ合わせておく必要がある。

 この方法の利点は、従来のWebページを作ってきた技術がそのまま応用できると言うところ。このあたりのエディターやエンジニアはたくさんいるので、技術者の確保も比較的容易だ。さらに、表現力もかなり高いものが実現できる。ビデオを埋め込んだり、タップすると音楽が鳴ったり、画像が次々と切り替わるなども容易だ。3D画像を360度回転させることもやろうと思えばできるだろう。ということで、我々も現在この方式でいくつか電子書籍化の案件が走っていたりする。

 デザイン固定型もリフロー型もいまは過渡期にあると言える。今後はどちらかを選ぶではなく、ハイブリッド型のフォーマットが出てくることになるだろう。次世代XMDFなどもこちらに分類できるかもしれない。ePubの仕様も方向性としてはHTML5を化してくるようなので、より表現力の高い世界に行きそうだ。個人的には、ePubのような構造化されたフォーマットで制作しておけば、将来的に出てくるフォーマットにも容易に変換できるだろうと考えている。ということで、我々は、HTML5やePubにちょっと力を入れて、電子書籍を制作しているわけだったりするのだった。次回以降は、電子書籍のビジネスに関わっていて、理想と現実的の大きなギャップ的なことに直面することも多いので、そういった話題を取り上げていけたらなと思っている。

Comment(4)

コメント

詠み人知らず

html5でやりはじめたら、やっぱりwebでいいじゃん、になるのが関の山だと思いますが。それに電子書籍である必然性がなくなる。webでやったほうが表現力もあがるでしょうし。
まぁePubも中身はxhtmlですから、最終的にはwebに統合されちゃうんじゃないですか?

たしかに、今後はWebと電子書籍の境目は、境界があいまいになりそうには思います。とはいえ、ローカルでまとまった形でコンテンツを持つのか、サーバーサイドに置いたほうがいいのか、そのあたりの違いを踏まえて、それに合わせた表現やコンテンツそのものの内容の工夫が必要になりそうな。

中村久哉

結局HTML5がいいのでは、、と思っていたので、当記事を拝見して、うれしかったです。ただ、HTMLにできなくてePubにできることとしてページングがありますね。HTMLにした場合、果てしなくスクロールしていくことになってしまう。。。このことについて、なにかお考えがあれば、お聞かせいただけるとうれしいです。

スクロールするようなコンテンツを作るかどうかは、コンテンツの作り手側の意図にもよるのではないでしょうか。一方で、HTML5をページ単位で読むような形の、専用リーダーのようなものも出てくるかもしれません。その場合は、想定される端末の画面サイズに合わせた単位のHTMLファイルを作る必要があるかもしれませんが。

コメントを投稿する