オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

電気離れ

»

日経新聞の「「自然・科学に関心」日本が最低 日米中韓の高校生調査 」という記事を読みました。

高校生には直接関わることはないですが、
社内の20代をみていると、感じることがあります。 

今回のエピソードは、AC/DCです。

私の感覚では、AC/DCって、目玉焼きの作り方くらい日常生活の基本だと思っていたのですが、
まじめにわからないメンバーがいました。

かなり機械いじりが好きなメンバーだけに、少しびっくりしましたが、
考えてみると、完成品の電気製品ばかり使っていると、教科書とは違う実体験として電気に興味を持つことはないのかもしれません。

個人的には、不思議なモノを放っておくことができず、
何でも分解したし、本を読むのも好きだったし、小学生の頃からAC/DCは知っていましたけどね・・・

自然・科学って面白いものなので、 特に就学世代が興味を持つような取り組みが必要なのではないかなと思いました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する