オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

音楽ツクールを動かして GM_1.MID を再生した

»

先日購入した音楽ツクール(Midisoft MusicMagic)を動かしてみました。

このプログラムは、Windows3.1用ですが、Windows8.1のVMにインストールします。
無謀と思われるかもしれませんが、
Windows は他のOSに比べて下位互換性が保たれている(と、私は思っている)ので、きっと大丈夫です。

Setup 1
青のグラデーションバックのインストーラーって、今ではほとんど見かけなくなりましたよね。
昔は、インストーラーと言えばこのデザインでした。

Setup 2
標準のインストール先が「A:ドライブ」になっているのも、
PC-9821全盛の時代ならではですね。

早速起動してみます。
Midisoft R MusicMagic
画面に表示されているのが、私が約20年くらい前にDTMってすごい!と思ったサンプル曲「GM_1.MID」です。
フロッピーディスク内のファイルのタイムスタンプは1987年になっていたので、 
ソフトの発売より前にスタッフの方が打ち込んだ曲なのでしょうね。

ちなみに、Mac OS X Mavericks でも、VM上のWindows8.1でも、フロッピーが上手く読めませんでした。
コピーが途中で失敗したり、フロッピーディスクを全く認識しなくなったりしてしまいます。

仕方がないので、PC-9821Ltを引っ張り出してきてデータコピーをしました。
Windows 95も懐かしいですね(笑)IMG 3251

やっぱりフリーのソフトウェア音源だけだと寂しいので、
Logic Pro X で SC-88Pro  を鳴らしてみました。

IMG 3252

当時を思い出す楽しいひとときでした。

Comment(1)

コメント

本の方を読んだら、GM_1はログインソフト編集部の有坂光弘さん作曲と書いてありました。

コメントを投稿する