オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

どんなに確認してもデータに間違いはある

»

もう少しで稼働するシステムのデータ移行プログラムを作成していました。
要は数万件の顧客情報を、新しいシステムに移行するだけのものです。

このデータを入力しているお客さんは、必ず2重チェックを行い、たまにおかしなところがないかもチェックしているということで、
しっかりとした管理を行っています。
その甲斐あって、名前の間違いとみられるものは1人くらいしかありませんでしたが、
細かなところでたくさんエラーが出てしまいました。

目にとまったのが、郵便番号です。
これだけしっかりチェックしていれば、郵便番号のような7桁しかないものを間違えるなんてありえないと思ってました。
間違いとしては、 161-/0033 のようになぜか / が入っているものや、先頭の3桁しか入力されていないというものです。

ここで考えたのは、
名前などが間違っている場合、大変失礼なので緊張感を持ってチェックするけど、
郵便番号は桁数も少なく、あまり重点的にチェックされなかったのではないかということです。

意外ときちんと確認してあるよと渡されたデータでもおかしなことは多いものなので、
こういうものを扱うプログラムはしっかりエラーチャックをするようにしないと、本番で痛い目に遭うものです。

Comment(2)

コメント

Ifreeta

システムの移行は、内部データに誤りの有無を調べる好機なので良い機会ですね。

郵便番号とかは、上記の件ではチェックはされていないということでしょう。csvファイルの段階でフィルターを通せば分かることなのでやっていないだけですよね。

本当のチェックは、現住所と郵便番号がちゃんと合っているかを見るのがチェックですよ。数字が入っているだけでは何もなりません。

Ifreeta さん

コメントありがとうございます。

本当に良い機会ですね。
結構自信があったみたいなので、これを機にもっと精度の高いデータになればと思います。

郵便番号は明らかにおかしいので、チェックはしていないと思います。
本当は仰るように住所とチェックしなければならないのですが、意外と一般店舗さんで行うのは敷居が高い気もします。

コメントを投稿する