オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

始発出勤して1週間の発見 『昼間、全然眠くならない!』

»

こちらにも書きましたように、先週月曜日から出勤時間を1時間繰り上げて、始発出勤にしています。

先週は、始発出勤のためには前提条件となる「帰りは夕方6時の電車に乗る」という目標はなかなか達成できませんでしたが、昨日も今日も引き続き始発通勤です。

 

ということで、始発出勤を初めて1週間が経ちましたが、気がついたことがあります。

 

実は昼間、全然眠くならないんです。

 

考えてみると、これは不思議。

始発出勤を始める前は、夜11時半頃に就寝、朝5時20分起床、6時過ぎの電車に乗り、7時に出社していました。

この時は、午後3時頃になると睡魔が襲ってきました。

朝7時に仕事を始めて、昼食時間も弁当を食べつつ仕事をし、午後3時時点では8時間続けて仕事しているので、そんなものかなと思っていました。

始発出勤にしてからは、これが1時間ずつ繰り上がり、夜10時半就寝、朝4時20分起床、5時過ぎの電車に乗り、6時に出社しています。

睡眠時間は6時間弱で、ほとんど変わっていません。

しかも、以前は電車で新聞を読み終わると下車するまで20分ほど寝ていましたが、最近は新聞を読み終わると本を読んだり、パソコンで仕事をしているので、1日トータルの睡眠時間は減っています。

しかし、夜、会社を出るまで全然眠くなりません。

 

色々と理由を考えてみましたが、思い当たるのは午前0時前に寝ている時間の長さです。

始発出勤前は、11時半就寝なので、30分。

始発出勤を始めてからは、10時半就寝なので、1時間半。

ネットで検索してみると、午後10時頃に寝ると、成長ホルモン分泌や副交感神経の活性化等、色々と身体によいことが多いそうです。

この1時間の違いで、睡眠の質が格段によくなったのかもしれませんね。 

 

そして何よりも、始発出勤は楽しい!

これも新しい発見でした。

始発出勤にしてから、会社に行くのが今までに増して、とても楽しくなりました。

もし興味ある方がいましたら、ぜひ一度お試し下さい。

(午後10時までに寝ることを忘れずに。念のため)


 

ただ、メリットがあれば、一方で必ずデメリットもあります。

坂本さんもよく書かれていますが、夜がとっても弱くなりました。

会社で仕事が夜8時近くになると、さすがに「そろそろ帰りたいなぁ」と思い始めます。

また、夜11時を過ぎるとかなり怪しくなります。

しかしほんの100年前までは、夜は灯りがほとんどなかったのですし、これが人間としての本来の姿なのかもしれません。

この方のように「夜の魅力にはまだまだ勝てません」とおっしゃっる方もおられますが、私の場合はそのような大人の世界はあまり詳しくないので(?)、出来るかぎり、このライフスタイルを続けられればと思っております。

Comment(4)

コメント

永井様、頑張ってますね!早朝出社とあってはコメントせずにはいられませんw!同感です。何故だか電車では一切眠れずに思い切りパソコン作業などをしています。

始発(自分の場合は2番目含む)出勤の10のメリット考えてみました☆

1)始発に乗れると自分に勝った感がとても強い
2)何よりも空いている
3)電車でブログを書くなどの作業ができる
4)交通トラブルに巻き込まれる率が少ない
5)始業まで3時間、電車を入れると4時間近く自分の時間が創出できる
6)仕事上のミスを発見しても早朝に取り戻せる
7)朝一にルンバ君に掃除をしてもらえる
8)ビルに一番乗りは達成感あり
9)寝付くのに全く苦労しない
10)早朝仲間ができる!

永井サマ

始発はメリットが多そうですね。
子供の早寝にも通じる脳への効果も期待できますし。

永井さんの領域に行けるかはわかりませんが、徐々に早い時間に起きたり、電車を早めたりしています。

寒い朝のシャワーを止めて、朝食は会社についてから食べれば、かなりの時短ができそうなのですが、、、頑張ります!! (朝・昼の外食を続けるのを避けるために、サンドイッチとか、オニギリを前日に半冷凍しておく手があるかなとか。)

坂本さん、
ありがとうございました。
この10のメリットだけでブログが書けそうですね。
私も全く同感です。

オルタナで早朝仲間を見つけられて、始発通勤を続けられそうです。
これからもよろしくお願いいたします。

ps. ルンバ君は見たことありませんが、HPで見つけました。
とてもよさそうですね。

方波見さん、
ありがとうございます。
 
朝の時間を短くするのは大切ですね。
方波見さんは朝と昼の食事はご自分でお作りなのですね。脱帽です。

コメントを投稿する