オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

タイ国の真実らしきもの その49 上下関係

»

ご無沙汰しております。

ちゃんと生きていますが、あまりネタもなく、このところ、小俣さんと一緒にタイにいるので、食事等の事は、小俣さんが書いてくれるので、これ幸いにサボっておりました。
そろそろ書かないと怒られそうなのと、本日は、大阪出張で、比較的時間があるのでちょっとだけ書きます。
皆さんは、目上の人にどの程度配慮しますか?
例えば年上の人などには敬語が必要ですね。
上司も同じようにこちらは敬語は必要ないかもしれませんが、それなりに重きを置いて対応するのではないでしょうか。同僚や部下と比べてということですが。
タイ人は、目上の人に大変重きを置きます。
そして、尊敬できる人かどうかも大変重要です。
ここで言う尊敬できる人とは残念ながら人格ではありません。
能力、資格、学歴、資産などのことです。
以前にも書きましたが、タイ人は自分の上司が自分より学歴が低いと何らかのストレスを持つようです。
弊社の場合もたまたま私が一応大卒だったので良かったのですが、もし私が高卒だったとしたら、タイ人向けに名前だけ大学の卒業証書が必要だったかもしれません。
この名前だけ大学とは、ハワイ等にある(本当にあるかどうかわかりませんが・・)アメリカの大学の卒業証書が数十万円で購入できるらしいのです。
建前は、その大学が認めた人物を名誉卒業生として認定し、卒業証書および卒業写真を作ってくれるというものでした。
実は、どこからか、私にこの手の大学が数社アプローチしてきたのですが、このような大学の存在にどのような意味があるのだろうと思っていたのですが、バンコクで支社を持ち、その社長をやるという段になって初めて、必要とする場合があると判った次第です。
念のために書いておきますが、何も良いことはありません。だた、大卒と言っても間違いではないのではないか?ぐらいのものです。
まあ、留学なしで学位が取れる(本当かどうかあやしいが)ということなので、履歴書には書いても問題ないでしょう。ただ、その大学を書くことが自分を高めているとは思われない場合もあると思います。
つまり、大卒のタイ人は、自分がエリートだと思っています。事実、まだタイ国において、大卒は日本と違って、誰でも大卒であるということではないのです。
本来仕事だけに注力すれば良いのですが、幼い頃からの教育で、上下関係は、タイ人に取って絶対です。しかし、自分より能力の低い人間に使われるということには、ストレスを生じます。
本来人間の価値、それも社会人の会社での価値は、仕事の質と量と性格だと思うのですが、なかなかタイ人には割り切れないものがあるようです。
あと気をつける必要があるのは、やたらやさしい場合です。
もし、あなたの会社のタイ人が、上限関係でもなく、友人でもないのに、何故か急にやさしくなったら要注意です。親しくなったではないので、その点を区別してくださいね。
それは、あなたがそのタイ人に取って、助ける対象である、目下であるということを意味しています。あなたをフォローすることが会社の利益につながり、あなたをフォローすることによって自分のポジションを確認しているということになります。
がんばって、そのタイ人に自分がライバルだと思われるぐらいの仕事をしないとあなたの会社でのポジションがドンドンタイ人間で下がっていくことになるかもしれません。
 
 
今日はここまで、またいつかお会いしましょう!
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する