オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

MURAMASAといっしょ その21 MacBookAirに触る

»

 小俣さんにMacBookAirを触らせてもらいました。
 重さは、MURAMASAのバッテリーを外した時より少し重い程度で十分使えます。
 かっこいいです。惚れちゃいます。しかし・・・
 内蔵のシリコンディスクがチップで直接という点が難点ですね。改造できませんし、移動ができません。
 MURAMASAなら簡単にHDDの移動ができる。壊れてもすぐ直せる。

 あと、USBも1口ですね。 USBは2口だそうです。<小俣さん指摘 感謝
 2.5インチの外付けを2台接続できるのはMURAMASAの良い点です。別電源無しで活けます。USB2口で足りない場合は、PCカードスロットにUSBカードを挿して補充したりします。
 データの移動にデスクトップを使わなくても良いというのは、結構便利です。
 あと電源の持ち時間ですね。最低4時間ないと、東京へ出るときの行き帰りの電車の中で触っていられないわけです。
 MacBookAir用の外付けバッテリーを購入して使うというのも有りと言えば有りです。
 悩んでしまいますが、とりあえずSurfaceを買ってみてそれからですかね。
 改造できると良いな~。壊れてもすぐ直せるほどシンプルでしょうか。
 バッテリーはどこまで使えるか。
 実際、Surfaceが199ドルでアメリカで販売されるのかもわかりませんが、日本ではいくらで販売されるのでしょうか。さすがに199×80で16000円は無理としても、25000円は切って欲しいですね。
 しかし、すべては使ってみないと何とも言えません。
 私の場合、買っただけで使っていない(使えない)ものの多い事。
 とりあえず、MacBookAirは、少し考えてからって事にします。ただ、非常にかっこいいです。これは魅力的です。
 私の場合、一度手になじんだら、ずっと使うので(使い続けるので)、いろいろ使ってみて、本格利用って事になるんでしょうね。
 それにまだMURAMASAが沢山ストックありますからね。ちゃんとそのまま動くものって事でも2、3台はあります。(残りは部品取り用や要修理)
 急ぐ必要はないのです。ということにしておきます。


 今日はここまで、またいつかお会いしましょう。

Comment(8)

コメント

スリリングな展開になってきましたね!今後さらなる続編、続々編続々続々編を渇望しております。

USBは左右1個ずつで、2個です!
SSDは専用の形状ですが、確か着脱はできたはず。
SSDはHDDと比べるとそう簡単に壊れない気がするので、気にしない気にしない!

yagishita

今年のモデルは、メモリも 8GB までいきますし、通常の使い方であれば問題ないですね。Chrome でタブを開きまくりましたが、100 超えても問題ありませんし。

miyaさん

廣江さんコメントありがとうございます。
MURAMASAの話題が果たしてどこまで読まれる方の興味をそそるのか疑問ですが、書けるだけ書いてみます。
いつもありがとうございます。

miyaさん

小俣さん コメントありがとうございます。
そうですか、USB2口でしたか、触った時右側しかわかりませんでした。でも、2台の2.5インチの外付けドライブは使えそうでしょうか。2口のUSBポートだと結構むずかしいです。MURAMASAの場合、結構機種を選んで、駄目な場合は、PCカードにUSBインターフェースを挿して、そこから補充して使っています。この方法だと確実に2台の2.5インチ外付けドライブを稼動できるのです。
ご指摘いただいた点は訂正しておきます。
ありがとうございました。

miyaさん

yagishitaさん コメントありがとうございます。
いや、MacBookAir性能よさそうですね。あとは、修理や改造が自分でできるかどうかだけのような気がしてきました。
MacBookAirはユーザ数も多いでしょうし、今後はいろいろ試される方も出てくるのでしょうね。楽しみです。
いろいろ試していただいたみたいで助かります。
ありがとうございました。

Mac菌感染の恐れありですね(笑)私はMacに触れることはありませんが、iPadは重宝しています。しかし仕事となるとキーボードがバチバチ打てないと困るのでDellのノートパソコンを持ち込んだのですが、タイの気温に負けてファンが1日中回りっぱなしでうるさいです。Macは静かなんですかねぇ。いいなぁ。

miyaさん

窪田さん コメントありがとうございます。
そうですね。ファンが五月蝿いノートブックが多いですね。私は少し触らせてもらっただけですから、MACbookAirがどの程度の音なのかはお伝えできませんが、ファン無しの物でSSDを使っていれば、原則相当静かなはずで、高級なノートブックでは、可能ではないでしょうか。
ところで、たまには連絡をください。
先日も窪田君の話題となり、果たして生きているのかという話になりました。
元気なら、良かったです。

コメントを投稿する