オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

タイ国の真実らしきもの その31 男性の美容師さんのこと

»

 日本では、美容師というのは、ある意味憧れの職業だったりします。
 一般の美容師さんはもとより、カリスマ美容師とか言われている人もいるぐらいですね。
 
 タイではどうかというと、なんと、男性の美容師のほとんどが、女性の感性を持つ男性なのだとか。
知り合いのタイ人に聞いた話です。
 すべての人がそうなのかどうかわかりませんが、私の知っている男性の美容師さんはすべてそうでした。
 では何故か。
 
 日本と違って、女性の感性を持つ男性に対して、タイでは、非常に寛大です。
 そのような人に対して偏見を持っているわけではありません。
 ですから、そのことを隠す必要はないのですが、仕事として、職業としては、そうでもない場合があるようです。
 ですから、何らかのスキルを持って、自分の能力に自信があれば別ですが、そうでない場合、そのような男性が選べる職業は限られます。
 
 まず、第一が風俗店での仕事です。ショウガールとかホステスさんとかがそれにあたります。小柄な人は、この職業に向いているというわけです。
 感性が女性なのですから、女装しても何ら問題ないわけです。
 
 では、そうでない人はというと、美容師になるとのことでした。
 美容師は、美を創造する職業ですから、美に詳しい女性の感性を持つ男性に向いているということなのかもしれません。
 
 それは単なる偏見なのでしょうが、タイではそのような考えから、女性の感性を持つ男性が美容師になると思われているようです。
 
 もちろんすべてでは無いですし、きっと昔と違って今では普通の人も多いのでは、と私は思っています。
 
 
 今日はここまで、またいつか御会いしましょう。

Comment(3)

コメント

おもしろいですね。美容院は天職かもしれませんね。へたしたら美に関しては女性より研究熱心ですもんね。男女両視点を持っているので散髪中の話題も盛り上がりそうです(^^;一方で通常のビジネスでは敬遠される場合もあるのでしょうか。去年、日本でおかまさんと仕事をしたのですが、至って自然なおかまのふるまいですし、周りのタイ人も変わりありませんでした。タイの緩慢さはすごいというか、そこに仏教を背景に感じました。

ハンドルネーム変えましたm(_ _)m(Web店長ヒロ→ヒロチャンマン)

ヒロチャンマンさん コメントありがとうございます。
本当にタイは懐が深いですね。
偏見という意味では全く無しです。ただ、仕事となると一部難しい場合もあるのかも知れませんね。
でも、仮に親類に居たとしても何ら問題なく接するようです。

また、タイではメイクを行う美容師さんは、男性が多いとか。
確かに美しく装おう技術は、男性の美容師さんの方が優れているのかもしれませんね。

コメントを投稿する