オルタナティブ・ブログ > 安藤怜のロンドン灯 >

英国ロンドン発のニュースなど

イギリスの携帯電話料金の仕組み

»

イギリスでは、携帯電話の料金は、月額基本料=基本通話時間+SMSの利用可能通数、が段階的に設定されているのが一般的です。英ボーダフォンのパンフレットに沿って説明すると、

コース名:月額基本料=基本通話時間+SMSの利用可能通数
Anytime   75:月額20ポンド=通話   75分+SMS   0通
Anytime  150:月額25ポンド=通話  150分+SMS 100通
Anytime  200:月額30ポンド=通話  200分+SMS 100通
Anytime  500:月額35ポンド=通話  500分+SMS 100通
Anytime  500:月額40ポンド=通話  500分+SMS 250通
Anytime  800:月額50ポンド=通話  800分+SMS 250通
Anytime 1200:月額75ポンド=通話 1200分+SMS 250通

これに、いろいろなオプションがついたりします。また、基本通話時間を超えると、1分につき、英ボーダフォン向けが10-18ペンス(22-40円)、他社向けが35-40ペンス(77-88円)かかります。まぁ、そんなに安くは無いですね・・・。

それで、端末価格との兼ね合いですが、先日紹介した英ソニー・エリクソンの『P990』を例にすると、

http://blogs.itmedia.co.jp/london/2006/11/p990_25a6.html

London_091Anytime 75/150:350ポンド
Anytime 200:200ポンド
Anytime 500:100ポンド
Anytime 800/1200:無料


となります。これは12カ月の契約が必要で、この期間中は、携帯電話を、まったく使わなくても、毎月、一定額の基本料金が銀行口座から引き落とされます。ちなみに、『P990』は、プリペイドでも販売されており、こちらは380ポンドで購入できますから、月額基本料金が20-25ポンドのコースでは、インセンティブは、ほとんど無いと言うことができますね。

Comment(2)

コメント

mohno

「日本の携帯料金は高い」と聞くことはありますが、あまり他国の料金を見ることはなかったので興味深い情報です。
たとえば docomo のプランと比較してみても、段違いに安いというわけではないのですね。
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_plan/plan/index.html
インセンティブで携帯そのものを安く買えることを思うと、日本の料金はそれほど悪くはないのでしょうか。

安藤怜

>日本の料金はそれほど悪くはないのでしょうか。
イギリスと比較した場合は、日本の携帯電話料金が、そんなに高いとは思わないですねぇ。

コメントを投稿する