オルタナティブ・ブログ > 安藤怜のロンドン灯 >

英国ロンドン発のニュースなど

「嘘つき」は誰だ

»

ドイツのBMWとリコーのサイトが、グーグルの検索対象から外されたそうです。

詳細については、ITメディアの記事をご覧ください。

BMWとリコーの独サイト、SEO対策問題でGoogle検索から削除
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/07/news003.html

ところで、8日付けの英タイムス紙によると、いまグーグル・ドットコム http://www.google.com/ で、"liar"(嘘つき)という単語を入れて検索すると、トニー・ブレア英首相の経歴のページが、一番上に表示されます。

http://www.number-10.gov.uk/output/Page4.asp

これは、「英国が、イラク戦争に参戦する過程で、ブレア首相が国民に対して嘘をついた」ことをアピールする複数の団体が、独BMWのホームページと同じような手法を用いた結果なのだそうです。

グーグルは、こうしたSEOを排除するための新しい対策を来月から試行するそうです。

Comment(2)

コメント

ねこまっしぐら

それってある種の民衆扇動ですよね。
一部の人間の思惑によって閲覧する情報が偏るのはぞっとしない話です。
私たちには、今まで以上に情報に対する私たちの立ち位置というのを考えなければいけないのかもしれません。

安藤怜

中国での「検閲」も困ったものですが、「検閲」が無いところで、こういう事態が発生するのも困ったものですよね。

コメントを投稿する