オルタナティブ・ブログ > 広報をめぐる冒険 >

一口に広報といっても内容はさまざま。現場での広報活動の実際をご紹介します

過去の広報対応を振り返り、反省

»

失敗というのは、意外と忘れてしまうものです。
あとになって教えてもらい、ひやひやした経験が最近ありました。

やってはいけないことの参考にしていただければと、私の失敗(というか失態)談を書いてみようと思いました。

最近発覚した、10年ほど前の失態はこんなでした。

当時私は、ソフトウェアベンダーで広報を担当していました。
ある出版社の若手記者の方から来日中の役員への取材依頼をいただいたのですが、
私は「日程の調整がつかないので」とやんわりお断りしたそうなんです。
その直後に、同じ部署の先輩記者さんに同じ役員の「取材をしてくれないか」とお願いしたらしいです。
(伝聞形式になっているのはまったく記憶にないからです)

後日談として、当時の先輩記者さんから「彼が傷つかないように、ずいぶん前から取材を依頼していたと言い、取材にも同行してもらった」と教えていただきました。そのお気遣いに感謝するとともに、ずいぶん失礼なことをし、ご迷惑をかけたなと、10年後の今、しきりに反省しています。軽率でした、ごめんなさい。。

おそらく当時は、ベテランの記者さんに取材してもらうように本社なり上司なりから指示されて
いたのだと思いますが、もう少しましな対処方法があったのではないでしょうか。
たとえば、若手の方からの取材依頼をお受けし、先輩には個別に相談して同行していただくとか。

広報は信頼関係がとくに大切な職種なので、それが壊れないよう誠実に対応しなくてはいけないと思いました。

このほかにも、失態談はたくさんあります。また後日、ご紹介させていただきます。

Comment(2)

コメント

寝子

とても参考になります。
ブログの書き込み、ガンバッテ続けて下さいね。
楽しみ(?)にしてます。

midori

寝子さん
コメント&応援ありがとうございます。
心強いです。

かっこいいことはあまりないので、だめ広報ぶりだったら書けるかなと思います。少しでも参考にしていただければ幸いです。

コメントを投稿する