オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

「使い捨て→使い切りデジカメ」って要するにデジカメのレンタルですよね?

»

せっかくのサミット(あんまり関係ないけど)期間中と言うこともあり、
ちょっぴりエコな話題。


使い切り「エコデジカメ」 プラザクリエイトが8月発売

廃棄された携帯電話の部品を使って1280—1980円の低価格を実現する。  有効画素数は約300万画素で、防水機能付きも用意。メモリー容量は27枚と50枚撮りの2種類で、うまく撮れ なかった写真は消去して撮り直しできる。撮り終えたデジカメはプラザクリエイトの店に持ち込み一枚37円でプリントする。焼き増し用の画像データもCDで もらえる。



上の通り、ランニングで収益をそこそこあげそうなビジネスモデルであり、
以前と違い通常の利用用途であれば、300万画素ぐらいでも、
意外と見られる写真ができるのも事実。



おそらくのターゲットとしては、
ケータイのデジカメなんかを使いこなせない、
年齢層の高い世代なんかを狙ったビジネスモデルかもしれないが、
ちょっと思ったところとしては、
意外と観光にきた外国人観光客なんかにも受けそうな気がするなと思ったり。



ふと思ったのだが、要するにこれは
「防水性のあるエントリーモデルのデジカメレンタルビジネス」なのだ。
これがアリなのであれば、
海外に観光に行く観光客などに向けた、
「ハイランク」デジカメビジネス(きちんと保険をかけて)なんかも
成り立ちそうな気がします。

知人も旅行に行くためにわざわざデジカメを新しく購入している光景も
つい最近見た記憶が有ります。


と思ったら既にあった、web店舗だけなのが少し残念ですね。

レンタルショップのレンタルステーション

誰でも考えることを切り口を変えて、
新しいサービスの基本かもしれませんね。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する