オルタナティブ・ブログ > 小堀ヨシノBlog >

人と人の水脈を掘り起こす!

「ありがとう」という言霊

»

俳優の佐藤隆太さんの結婚会見を何気なく見ていいたら「ありがとうございます」の言葉が連呼されていました。数えていたわけじゃないのだけど恐らく数十回は、言っていたのではないでしょうか。
その嬉しそうな表情には、集まったマスコミに方々への感謝の気持ちやファンの方々への「ありがとう」の気持ちが言霊となって飛び出していたようにも見えました。

言霊とは、Wikipediaによれば、

「声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こる」ってことなら

感謝の気持ちの「ありがとう」の連呼は、これからの良い事が起こる前兆なのでしょう。

「ありがとう」「感謝しています」は、言っても、言われても良いものだと思います。
でも逆も有るってことって、疎かになりやすいので言葉って難しいのかもしれません。

佐藤さん、お幸せに。

最近の小堀書庫:『「しきり」の文化論(柏木博)』

Comment(3)

コメント

小堀さん、こん**わ。

理屈っぽい言い方になってしまいますが・・・
文字で書くと同じ言葉でも、感情の入れ方で伝わり方が変わる。ことに気をつけています。が、こればっかりは、気をつけても出ちゃうものなので。。。
「おかげさま」を感じる今日この頃です。

小堀吉伸

新倉さん
コメント、ありがとうございます。


>文字で書くと同じ言葉でも、感情の入れ方で伝わり方が変わる。


おっしゃる通り、文字の場合、同じ言葉でも意図してない方向に捉われたりするので、
感情の入れ方って結構ナーバスになります。 表現力の弱い私は、結構苦戦します。

なので、これからも色々とご指導よろしくお願いします。

ou

こんばんは、突然失礼いたします。

この度は、ウェブ上のサイト、日本語の起源、言霊百神を紹介させていただきます。

ありがとうございます。

コメントを投稿する