オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

類似画像の自動クラスタリングを使った画像検索システム

»

 経済産業省の「情報大航海プロジェクト」の成果還元が始まっている。Viewサーチ北海道という試験サイトで使われていた画像検索システムがSaaS方式で一般に有料提供されることになったそうだ。(参考記事:「データクラフト、“右脳的”画像検索システムをSaaS提供」)

 これは画像の特徴点を解析して似た画像を自動的にクラスタリングするシステムで、画面に出てきた画像をサムネイル見ながらを並び替えたり類似画像を探したりといったことが出来るシステムだ。
 ちょっと具体的に何に使えるか直ぐには思いつかないが、税金投入した大プロジェクトの成果がこうやって目に見える形で世の中に出てくるのは良いことだと思う。次も楽しみにしたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する