オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

ソーシャルメディア系で最近注目のブログ2つ

»

 相変わらず米国ではソーシャルメディアが注目されているようでSlideShareには日々この分野の良コンテンツが掲載されていく。正直あまりにもう私にはあまり数が多すぎて見切れない。><

 さてその中で2つほどスライドを紹介。ひとつめはAgent Wildfire社のSean Moffitt氏のもの。

 昨年11月のスライドだが、2010年に予想されるソーシャルメディア界の動きやポイントを纏めてくれている。個人的には特に位置情報とコンテンツネットワーク、あとビデオ・ソーシャルメディアの項が特に興味深かった。
 このスライドの内容についてはソーシャルメディア系のブログである「日本にソーシャルメディアの風を!」の「2010年ソーシャルメディアトレンド、16Topics」という記事に翻訳が掲載されているのでそちらもどうぞ。

 もうひとつはAltimeter GroupJeremiah Owyang氏のもので、

 流行のソーシャルメディアを活用していく上で留意すべきポイントが書かれているのだが、一言で言えば別にソーシャルメディアという大きな名前に変わったからと言って、これまでの個人ホームページ、掲示板、ブログ、SNSなどと大きく異なるわけではないということだ。
 こちらのスライドについては、Web・広告・メディア系のブログである「ハチヨン dialog」の「2010年ソーシャルメディアマーケティングで勝ち抜くために重要な4つのこと」という記事で内容を紹介し解説してくれている。

 「日本にソーシャルメディアの風を!」と「ハチヨン dialog」の両ブログは昨年開設された新しいブログだけどこの分野について精力的に更新されているし、なにより若い新しい視点でズバズバ切り込んでいくのが頼もしい。英語が得意でなく読むのに時間がかかる私としては、早めに翻訳を上げてくれるのもとても助かっている。
 ソーシャルメディア関係者の方には、お薦め&要注意なブログとしてご推薦。

Comment(4)

コメント

ご紹介ありがとうございます!「日本にソーシャルメディアの風を!」を運営しているイケダと申します。吉川さんのブログは以前から拝読させていただいておりまし、大変光栄です。
日本に「健全な」形でソーシャルメディアが浸透するべきだと考え、日々活動しています。
ご期待に沿えるよう、今後とも有益な情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ご紹介有難うございます。「ハチヨンdialog」のandvertと申します。
ハチヨンdialogは4人でブログを書いておりまして、今回の記事は私ではなく別の者ですが、取り急ぎ御礼申し上げます。
イケダハヤト君とも協力しつつ、ソーシャルメディアを含めた次世代の面白い動きを追っていきたいと思いますので、今後ともご愛顧のほど宜しくお願い致します。

イケダハヤトさん、andvertさん、コメントありがとうございます。

そしていつも有益な記事をありがとうございます。おふたつのブログはしばらく前からチェックしています。今後ともよろしくお願いいたします。

「2010年ソーシャルメディアマーケティングで勝ち抜くために重要な4つのこと」を執筆しました、Okappiと申します。記事とブログの紹介をしていただきありがとうございます。吉川さんの「サーチアーキテクチャ」の本を二年前くらいに読んでいたので、非常に嬉しいです。

記事でも書きましたが、今年は対外的な情報発信を「ハチヨンdialog」で進めていき、イケダハヤトさんの「日本にソーシャルメディアの風を!」ともども、本質的/倫理的なアプローチのソーシャルメディアの活用等を提唱していきたいと考えています。

今後も吉川さんのブログをキャッチアップさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿する