オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

ソーシャルソフトウェアをビジネスに活用するには

»

 水曜日からガートナージャパンのSYMPOSIUM ITxpo 2009へ来ている。例年はこの時期忙しくてなかなか参加できなかったけど今回はほぼ出ずっぱりだ。3日間参加していくつかブログのネタになりそうな話を手に入れたので順次紹介していきたい。
 まずは2日目の「SNSのビジネス活用シナリオ」を聞いた際のメモを紹介。このプレゼンはガートナージャパンで情報活用や情報検索を担当している志賀さんによるもの。一応このセミナーは有料なのであまり詳細までは書かないで面白そうなところだけをつまみ食い的に書いておくけど、プレゼンテーション用の資料は参加者全員に電子媒体で配布されているので興味がある人は問い合わせてみてはどうか。

  • 昨今社会的にソーシャルソフトウェアに注目が集まっている。米国陸軍もここへ来てこれまでの兵士のTwitter利用禁止を改めアクセスを許可すると共にリクルーティングへの活用を始めた
  • 社内コラボレーションの状況として、人々はメール洪水に悩まされており就労時間の40%をメール処理に費やしている。情報共有ツールとしての電子メールの力不足により組織内情報共有が阻害されサイロ化が進展している
  • こういった問題を解決するためのテクノロジはいくつかあるが、その中でもKnow-Whoが重要だとガートナーは考えている
  • エンタープライズ・サーチを導入したある企業では、ヒットして表示される結果に作成者名しか出さずに「この内容を知りたかったら俺に聞きにこい」というKnow-Who的アプローチを取った
  • 今の日本のコラボレーション市場は3つのプレイヤー群に分けられる「インフラストラクチャーサプライヤー」「スイートベンダー」「(元)専業ベンダー」
  • 最近のグループウェア製品別の満足度調査結果だと Outlook/Exchange、Notesの満足度が下がり、サイボウズ製品 (ガルーンを除く)、SharePoint、desknet’sなどが上げている
  • Notesの不満点としては「求める情報が見つけにくい」「検索機能」「機能が多すぎて使いにくい」といった点を挙げる人が多い
  • エンタープライズサーチの限界をSNSでカバーした例として、Notesに分散した情報に上手くアクセス出来ないからコミュニティを作って会話することでどこに何の文書があるかを共有できるようにした <-(吉川コメント)これはサーチの限界としては不適切、Notesの限界というべき
  • SNSを構築しても積極的に参加するのは3割程度。ボランティアを募って活性化させることが重要。「ありがとう」の一言だけでも共有するように努めることから始める
  • 組織内の人の繋がりを可視化するソーシャル・ネットワーク分析 (SNA) は有益。SNAの結果を活用すればパターン・ベースド・ストラテジにつなげる事が出来る
  • SNAによってセントラル・コネクター(話題の中心人物)や情報ブローカー(異なるクラスタ間に所属し橋渡しをする役)の存在やそれが誰かを知ると有益
  • SNSをはじめとしたソーシャルソフトウェア活用の成功ポイントは『「ツールありき」ではなく、まずはコミュニティ・オリエンテッドに徹し、後からどのプロセスにツールが使えるかを検討した点である。 』
  • TwitterはSNSの新しい潮流のひとつと捉えることができる。時間軸を持ったブログ。昔の日記が時記、分記に変わってきている<-(吉川コメント)なぜかガートナーはライフログとは呼ばない、ライフログ嫌いなのかな?
  • マイクロブログのビジネス活用には4パターン考えられる「直接型」「間接型」「内部型」「発見型」(参考Forbesが調べた21のTwitterのビジネス活用)
  • ソーシャルソフトウェア採用時の運用面の留意点:コアメンバーの人選、ボトムアップ、インセンティブ、トップの参加、立ち上げ当初の鮮度確保、電子メールなどとの連携、業務外でのxx%ルールなどの整備<-(吉川コメント)ソーシャルソフトウェア上での立ち振る舞いの教育(ソーシャルメディアポリシー策定など)も運用上重要なポイントだけどガートナーではそこは言及せず

 全体を通して目新しいことこそ無かったけども発散しがちなテーマの中できちんとポイントはおさえていて、さすがというプレゼンだった。

 講演後に志賀さんと情報交換したのだが、上に出てきたSNSやミニブログのログを分析してセントラル・コネクターや情報ブローカーを自動的にあぶりだすようなツールはまだ無く、今ソーシャル・ネットワーク分析 (SNA) をやろうとしたら手作業になる。このあたりに改善余地というか新しいビジネスチャンスがあるような気がする。

Comment(5)

コメント

shingo

>エンタープライズ・サーチを導入したある企業では、ヒットして表示される結果に作成者名しか出さずに「この内容を知りたかったら俺に聞きにこい」というKnow-Who的アプローチを取った


既にファイルサーバーに保管されているファイルについては、そのようなアプローチは不可能かも知れません。
弊社の場合では情報システム部門によりMSOfficeソフトを含めて全て標準セットアップされたPCが使用部門に配られますが、Outlookは個人用の設定がされていてもOfficeの使用者名は情報システム部門と入力されており、それをわざわざ変える人はいないのです。
MSOfficeの使用者名はWindowswのログイン情報で毎回書き換えられれば良いのですけど。


>SNSを構築しても積極的に参加するのは3割程度。


3割とはだいぶ多めに言っているように感じます。私にて参加状況を公開している他社や弊社の状況を調べた限りでは2割程度です。
しかもログインしている方のみの集計で2割ですので、“積極的に”という事でしたら確実に1割を切るでしょう。

shingo

書き忘れがありましたのでもうひとつ。

検索にヒットしたファイルは本当に作成者が作ったファイルなのでしょうか?
現在ではいろいろな書類はテンプレート化されており、1から作る事はかなり少ないはずです。
ですから更新者情報でも検索できれば良いですね。もちろん、最初に書いたとおりMSOfficeの使用者情報が正しく入力されている事が前提ですけど。

tak

いつも参考になる情報、ありがとうございます。

>SNSを構築しても積極的に参加するのは3割程度。ボランティアを募って活性化させることが重要。

これはKMや情報共有を推進するうえでも有効なステップの1つには違いないのですが、今更感は否めません。むしろ、SNSの本質を導入/推進側が理解せず、盛り上げることに必死になるのは本末転倒だと思います。希薄化した企業内コミュニケーションをSNSでどのように解決できるかを理解し、業務の中での必然性を出すための計画をしたうえで、社内教育を面倒くさがらずに行うことが重要なのではないでしょうか。

>shingoさん
 コメントありがとうございます。ファイルサーバにそのまま安易にサーチエンジンを入れた結果、おっしゃるようにテンプレートの作成者名が出てきて使い物にならなかったという話は私も良く聞きます。
 というかゴミだらけのファイルサーバをそのまま検索対象にするのは私の経験上あまり効果はありません。
 ただこの日に紹介された事例はかなり意図してKnow-Who的な使い方をしたようですので当然この辺りは配慮済みったのだと思います

 あとSNSの発言率3割は普通と言うか低いですよ。昔の掲示板とかフォーラムは2割以下が普通ですが、SNSだと5割超えは普通ですしID保有者の利用率8割なんてのもありますから

>takさん
 コメントありがとうございます。

 コミュニティの初期の育成段階でボランティアとかコアメンバーあるいは“さくら”は非常に重要です。ただ運用後1年以上経ってもそれに頼っているようではだめで、時間の経過とともに自主的な利用であるとか具体的なメリット感などが高まっていかないとだめです。

 そういう意味では普及啓蒙活動や教育は大切ですしそれなくしてコミュニティの成長は無いでしょう。逆にその覚悟がないのならはじめからやらないほうが良いし、そうしたサポートが続けられないのなら思い切って辞めるのも正解の一つでしょう。

コメントを投稿する