オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

夏の自由研究(3)~オルタナティブ・ブログでのジャーナリスト系の投稿数は、イザ!記者ブログの半分以下

»

 前回のエントリーで書いたように実名ブログの継続性という面で面白い仮説を発見した。これに気をよくして引き続きデータをいろいろとひねり回してみた。ブログが休止する前の投稿数(「休止する前に段階的に投稿が減るのではないか」という仮説)だとか中断期間の長さ(「中断が長くなるほど復活しなくなるのではないか」という仮説)を分析したのだが生憎と面白い結果は見つからなかった。
 
 それで改めてブロガーのプロフィールから勝手に属性を分類して分析し直してみた。まずはブロガーの性別。一般に女性のほうがブログの継続率や投稿数が高いというデータはある。しかし残念ながらオルタナティブ・ブログでの女性ブロガーの継続率は62.9%と男性の77.6%を大きく下回ってしまった。ただし投稿数のほうは男性平均7.19に対して7.44とかろうじてキープする。
 次に考えた仮設はこうである。世の中で「社長ブログ」というのは結構流行である、会社の広告塔として社内外にビジョンや戦略を語るツールとしてブログは効果的だといわれている。ならば社長ならブログの継続率や投稿数は良いのではないか?さっそく仮説検証。結果は、プロフィールで社長と宣言されているブロガーの継続率は72.7%、月間の投稿数平均は7.37。社長業は多忙なのか継続率では一般人にやはり劣る。ただし月間での投稿数はわずかにそれを上回り社長ブログの効果発揮に向けて社長自らが率先して活動する姿も見うけられれる。
 他に分析したのは、ブロガーの勤務先と投稿数の分析。個人(6.86/月)やベンチャー勤務(6.82/月)よりも企業勤務(8.2/月)の方が投稿数が高かった。一般には企業に勤務しているといろいろなしがらみがあってブログは書きにくいというのが定説だけに、これは私には意外な結果である。
Graph5 次には若干強引ながらブロガーの職種での分析を行った。(図参照)このうち研究者はサンプルが少ないのであまりあてにならないが、最もブログを投稿するのはコンサルタントという職種、開発系の人はやはりブログを書く量が少ないという結果になった。実は企業内ブログの導入時にもコンサルティング部門には比較的導入が簡単であるが、開発部門や営業部門ではブログの投稿が進まないことが良くある。開発部門の人間からは「書くことがない」という意見を良く聞くのだが、オルタナティブ・ブログでも同じ傾向だとすると、開発部門ではブログを書きにくいというのは本当かもしれない。もっともマーケティング担当者の月間の投稿数は平均を上回っているので営業部門の言い訳のほうは封じ込めそうだ。面白いのはオルタナティブ・ブログでのジャーナリスト系の投稿数は非常に低いことで、何度も比較して恐縮だが「イザ!」の記者ブログに比較すると半分にも満たないという散散な結果である。
 
Graph4 さて最後に時系列のグラフを提示しておく。このグラフを見ると2006年4月に一旦投稿数が落ち込んだ後に翌5月にいきなり復活していることがわかる。

 実はこの2006年4月というのはオルタナティブ・ブログにTOP20プロガーという制度が導入された時期と記憶している。それまでは新着エントリー画面には全ブロガーが顔写真付で紹介されていたのが、スペースの関係なのかこの月以降TOP20ブロガーのみが表示されるようになった。私はこのグラフの変動についてはTOP20制度の導入が影響していると勝手に推測している。

 このランキングはブログへのアクセス数で決まるものらしいが、おそらく導入の瞬間に従来のブロガーでランキング外になったブロガーのモチベーションはいっせいに下がったのかもしれない。しかしながらその後はランキングが前提になったので、各ブロガーがTOP20入りを目指すなり陥落を嫌がるなりして、より投稿に励むようになったのではないだろうか?4月に急減して5月に急速に回復したこの動きを私は勝手にこう解釈してみた。

 さて長々と3回もエントリーを費やして分析をしてみたが、実名ブログとしてのオルタナティブ・ブログのデータを分析することは案外面白い作業であった。機会があればまた経過分析を試みたい。次にやってみたいのは、オルタナティブ・ブログ内でのブロガー同士でのトラックバックやコメントの関係を分析なのだが、この面でどなたか手法や良いツールをご存知の方がいらっしゃれば是非ご連絡を頂きたい。

 なお、私が今回分析のために収集したオルタナティブブログの投稿数の集計データについては、記事を書くために投稿データを使わせていただいたささやかな御礼としてオルタナティブブロガーの方々には希望があれば差し上げたいと思う。

#データを欲しいという奇特なオルタナティブ・ブロガーの方はこのエントリーにコメントかトラックバックを入れてください。URLとメールアドレスも忘れずに。後ほどメールでEXCELのファイルをお送りします。

Comment(3)

コメント

吉川さん、自由研究お疲れ様です。なかなか興味深い結果ですね。「TOP20導入」は、やはりブロガーのモチベーションに大きな影響を与えていると考えられそうです・・・。
ということで、ぜひデータを下さい!よろしくお願い致します。

確かにTOP20入りといったものは、モチベーションに影響がありますよね。
ブロガーも増えてきたので、TOP30とか40というのもアリでしょうね。
データくらさいまし。

コレチャ

こんにちは。
はじめまして。
社内SNSについて今検討しています。
実名が定説なのですが、
非常に迷っています。
参考までにデータをいただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

コメントを投稿する