オルタナティブ・ブログ > 企業経営の閃き >

経営コンサルタントとして、企業支援を行いながら、発見した事象や、企業経営に役立ちそうな発見を書き記していきます。

意外に儲かっているビジネス紹介

»

今回は、意外に知られていないビジネスについてご紹介します。

それは、地域電気家電店の現状についてです。
地域家電店とは、【ナショナルショップ】や【日立ショップ】等の昔からある
「町の電気屋さん」のことです。
業態全体としては、、【ヤマダデンキ】等の大型家電量販店の台頭により店舗数が減少
しています。加えて経営者の高齢化による店舗廃業も発生しています。

ところが、ここ数年の高齢化社会の到来により「電気の修理・取り付け」ができ
る電気屋さんの存在価値が向上してきました。そのおかげもあり、売上高に関し
ても、改善しつつあるのです。団塊の世代のリタイアもあり、これからマーケット
が拡大しつつある業界なのです。

TKCが発行しています「地域家電店の黒字企業平均数値」を確認しますと、
意外にも儲かるビジネスであることが判明しました。
例えば、
業界最大手である【ヤマダデンキ】の平均粗利率は17%です。
【地域家電店】の平均粗利率は29%になります。

加えて地域家電店は、【修理】【取り付け工事】といった原価がかからない
売上があるため、粗利益率を押し上げることができます。
企業によっては、工事の売上構成比が大きいため、粗利率が40%を超える企業
もあります。

地域家電店の成長に向けた方向性としては、
【取り付け工事が発生する高売価商品を拡販すること】となります。
例えば【プラズマTV】を販売し、地デジアンテナ工事を実施する。
プラズマTVでは粗利率30%前後となりますが、アンテナ工事を組み合わせると
40%近い粗利率に引き上げることが可能になります。

非常に短期的な手法のみしかお伝えできませんでしたが、隠れた【儲かるビジネス】
をお伝えできたでしょうか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する