オルタナティブ・ブログ > 企業経営の閃き >

経営コンサルタントとして、企業支援を行いながら、発見した事象や、企業経営に役立ちそうな発見を書き記していきます。

新規事業を成功させるには(4)

»

楽天イーグルス

野球球団経営の構成要素を分解した
「チケット販売」「ファンクラブ」「グッズ販売」「広告」「放映権」

ベンチマーク調査(同業種で成功しているモデル)をした
 ・日本の他球団は全て赤字経営
 ・メジャー球団の経営を調査
  ⇒広告収入の違いを見つける
ベンチマーク調査(類似業界で成功しているモデル)をした
 ・航空機業界(JAL、ANA)
  ⇒お金を払っても上質のサービスを求める人がいる

ベンチマーク調査より二つのビジネスモデルができた
1.野球場の広告を球団が管理するようにした
  実現するためには、1年間球団が野球場を借り切ることが条件
  自分たちで広告のクライアントを見つけること(営業)が必要
2.ファンクラブ料金の一律大人3,500円、子供500円を変更
  10万円のコース、1万円のコース、3000円のコース設定

これら(もっと沢山の変革を行った)の結果として
近鉄球団時の利益:▲40億円の赤字
楽天初年度の利益:+2億円の黒字    を実現した

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する