オルタナティブ・ブログ > 白船社長のアートコンセルジュブログ >

ビジネスをアートする?!社会をアートする!?コミュニケーションアートから見た時代の新潮流

おかざき世界子ども美術博物館

»

002_2 

強行名古屋出張に行ってきました。

目的はEMOCAコンサルティングとして関わらせていただいている会社のワークショップと岡崎のこども美術館の下見。

 

先日参加したイベントで「おかざき世界子ども美術博物館」の館長さんである長谷川栄さんにくにさんの作品とその取り組みに大変興味を持っていただき、企画展を提案して欲しいとお声を掛けていただいたのがきっかけ。

 

おじゃましてびっくり。さすが日本で成功している数少ないこども美術館ということで、参考にしている美術館も多いというのもうなずけました。広い敷地の中で古いながらも大切にされているということがわかる美術館。

案内していただいた学芸員の内藤さんも、淡々と説明してくださいながらも、次世代の子どもたちのために美術館がどうあるべきかという信念をしっかり持っていらして、内なる情熱を感じる方。お話はすべて共感できることばかり。もちろんKuniさんのコミュニケーションアートの取り組みも大変共感していただきました。

 

特に地域の小学校との連携は20年以上続いていて、すべての小学生が必ず全員発表するという展覧会が毎年開催されているという。いつ行っても必ずワークショップを受けれる体制、こどもの立場に立った運営は間違いなくちゃんと機能していました。

 

最後に感動したのが帰りのタクシーの運転手さんの話。

もう20年以上の取組みだから、この町はどの家の玄関にもこどもの作品が飾ってあるよ~と。

そして自分の息子もいろいろ作っていたが、気がつけばもう息子の子どもが参加していたという。

 

表現することが日常になり、そしてすっかり文化になっている。

岐阜からも静岡からも人がたくさん来るんだと誇らしげに説明してくれる運転手さんの笑顔もホントよかった。

 

まさにホワイトシップでやりたいこと、Kuniさんのコミュニケーションアートで伝えていきたいことは創造的なコミュニティ形成。

そんな岡崎の子どもたちとKuniアートとの出逢いはどんなシナジーを生み出すのだろう。

是非いい企画を提案したいと思います。

Comment(5)

コメント

素敵ですねっ!!!

>表現することが日常になり、そしてすっかり文化になっている。

文化って、一人で作れるものじゃない。

始めの一声は、一人だったかもしれないけれど、
価値を感じて、沢山の人が、次世代につないで行こうとする時、それは文化になるんですね。

ご成功、お祈りしています!

砂鱒

>特に地域の小学校との連携は20年以上続いていて、すべての小学生が必ず全員発表するという展覧会が毎年開催されているという。

この展覧会は、"おかざっき子展"と呼ばれ40年以上続き、手塚治虫さんが絶賛した言われています、私も小学生の頃は出品していました。

>いつ行っても必ずワークショップを受けれる体制、こどもの立場に立った運営は間違いなくちゃんと機能していました。

ワークショップは、夏休みの後半には、宿題の工作を片付けるために、親子連れで一杯です(笑)

砂鱒

訂正です、絶賛したのは、手塚治虫さんではなく岡本太郎さんでした。

きみ@白船

夏子さん>次世代への継承は現代社会では忘れがちな必須テーマですね。すごく勇気ももらいましたよ。

きみ@白船

砂鱒さん
コメントありがとうございます!体験者の方からのコメントいただけるとは感動です!
また岡本太郎さんが絶賛したという情報もこれまた嬉しい情報!実は私がアートに携わるきっかけのひとつに岡本太郎さんが夢に出てきたというエピソードがあることと、昨年開催させていただいたギャラリーのオーナーが岡本敏子さんと親しくしていた方で、私たちの取組みを敏子さんが生きていたら喜んだのにといってもらったことなど、ご縁を感じているので。

コメントを投稿する