オルタナティブ・ブログ > モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ? >

大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

理性の公的な利用と私的な利用(ブランディングの話その12)

»

友人たちとの対話より:

18世紀の哲学者カントは、理性の「公的な使用」について以下のように書いています。

自分の理性を公的に使用することは、いつでも自由でなければならない。
自分の理性を私的に使用することは、ときとして著しく制限されてよい。
(「啓蒙とは何か」1784年)

matrix.png

カントの文脈においては、理性の「私的な使用」とは、いわゆる「パブリックセクター」の一員(例:公職・官職に就いている者)として発言・行動すること等を含意します。

そのように、自分の理性を「私的に使用する」ことは、「厳しく制約されることもあるが、これを制約しても啓蒙の進展がとくに妨げられるわけではない」としています。

将校は「議論するな、訓練を受けよ」と叫ぶ。税務署の役人は「議論するな、納税せよ」と叫ぶ。牧師は「議論するな、信ぜよ」と叫ぶのである。

そのような「叫び」は、著しく制限されてよい。一方、自分の理性を公的に使用すること、すなわち上記の一節でいえば「議論(個人としての自由な立場から発言)」することは、いつでも自由でなければならない。

カントがもたらした認識(価値転倒)の意味はそういうものです。

enlighten.jpg

関連記事:公(オオヤケ)は私的。私(ワタクシ)が公的。
https://blogs.itmedia.co.jp/jrx/2012/04/public.html

Comment(0)